車を手放すときの寂しい悲しい気持ち愛車を「手放す理由がお金」ならタイミングはここ

普段なんとなく乗っている自家用車。

ずっと身近にある存在の車ですが、人生の様々なタイミングで手放すという選択を強いられるときがあります。

 

あなたは今、愛車を手放すかどうか?迷ってますか?

私は迷ってます。

愛車を手放そうかどうかずっと迷っています。

手放す予定の車

※手放すかどうか?迷ってる自家用車

 

でも、

今回は経済的な理由などなどから手放す方向です。

お金が理由です。

 

高く売りたいので今回はここをはじめて使いました。

ユーカーパック

ユーカーパックで査定してみた感想と買取までの流れ手数料やトラブル口コミ評判の解説
今回、自宅の車を売却することになり、ユーカーパックの買取査定を申し込みました。 結論から言うと、とても良いサービスです。 オークションの結果はこちら このユーカーパックへの申込みをおすすめな方は ...

 

愛車とお別れするのは

とても寂しくて

同時にとても悲しい気分です。

 

さて、

こんな寂しい思い、悲しい思いをしているのって私やアナタだけでしょうか?

調べてみると、そんなことはありません。

 

実は、

みんな車を手放すときは寂しいんです。

車を手放すタイミングまとめ

そんな車を手放すタイミングを調べてみると、けっこうみんな同じこと感じてるんだな、

車のこと好きなんだな、、とホッとするような気持ちになれるものです。

以下に、

  • 車を手放すタイミング
  • その時の気持ち

をまとめました。

 

引越しのタイミング

引越しのタイミングで新生活経向けて、経済的負担になる車の所有を考え直す。

こういう事例は非常に多いです。

 

これ、私も経験しています。

20代で始めて買った車。特に気に入って買ったわけでもなく、ただただ必要で買った中古のマークⅡセダンでした。普段の買い物の足に、レジャーに使うごくごく日常的な車両でした。

ある日、会社で転勤を命じられ、大阪から東京へ引越し。

「え?車どうしたらいいの?」

と普段は「あって当然の自家用車」がなくなるかもしれない引越し先での生活を考えると不安になったものです。

実際、その引越しの際は会社の借り上げ寮に入居する上に東京の駐車場代を支払えるほどの経済力もなく、一人暮らしでの経済的不安解消のため、車は手放してから引っ越しすることにしました。

 

どんな気持ちだったか

寂しかったけど、引越しで新生活を迎えることのほうが頭の中いっぱいだったので、手放すときの寂しさは意外と短期間で忘れたように感じています。

 

これから引越しされる方は、駐車場代引越し先の生活での必要性に応じて手放すかどうか、しっかりと判断したいところですね。

 

 

つづいて車を手放すタイミングで割と多いもの

結婚のタイミング

結婚のタイミングで車を手放す

 

男性に多いのではないでしょうか?

結婚する際、

  • ローンを抱えたまま彼女の実家へ挨拶へ行くのは気が引ける。
  • 結婚に際して、借金を精算するために一旦愛車を手放す。
  • 結婚後の新生活へ向けて実用性のある車へ乗り換える。

こういった理由が生まれやすい結婚というライフイベント。

 

このタイミングで上記のような理由で愛車を手放す男性は本当に多いです。

 

私も結婚に際して、当時の愛車ロードスターを手放しました。

事故って修復にお金がかかる上に毎月のローンも残ってました。

しかし、結婚して新生活を迎えるにあたって、親族と相談の結果、壊れたロードスターは手放し、実用性がありそうな大きい車へ乗り換えました。

どんな気持ち

欲しくて欲しくて手に入れた、車だったので寂しい気持ちでした。

でも一緒に生きていく奥さんとの生活を考えると、車の優先度はそれにまさるものではなかったように思います。

 

事故、故障によるタイミング

事故や故障、修理のタイミングで買い替え

車が壊れたタイミングで手放す人も多いです。

  • 大事に乗ってる車なので修理してでも乗り続けるぞ
  • 錆びて朽ち果てるまで乗り続ける気持ちで買った愛車

そんな愛する車でも故障したり壊してしまったりすることはあります。

車は機械ですからね。

 

  • 事故で修復するのにお金がかかる。
  • 故障で修理するのにお金がかかる。

修理するのに30万円、50万円とけっこうな出費がある。

 

大きな修理代金を払うくらいなら安い中古にでも乗り換えるほうがマシ、、

そういう思いで買い換える方も多いようです。

 

私も同じ経験があります。

結婚のタイミングを重なっていましたが、事故ったロードスターを手放し、欲しくもないけど実用的な車へ乗り換えたものです。

どんな気持ちだったか?

事故で手放すのは突然の出来事です。

欲しくて買った車が壊れ、修理代がしんどくて手放す。

悔しいような残念な気持ちでした。

 

しかし、

その後、代用に探して程度の良い安い中古車を買う。

そんなテキトーな乗り換えをすることに。。

かつての愛車への思い入れはあるものの、

新しく所有する車は、それはそれで楽しくドライブできた。

その時思った。

「車って結局、所有したらどんな車でも愛着がわく

そう思えた出来事です。

 

経済的理由による売却(お金、税金)

維持費が払えないかも

車を手放す際、

ほとんどの場合、経済的理由が重なっているように思います。

  • 結婚での新生活への経済的負荷を見直す
  • 引越しでの新生活への経済的負荷を見直す
  • 事故、故障時の修復費用を考えた結果手放す

自動車は車体価格もそれなりに高価な買い物になりますが、維持するのも費用がかかります。

 

自動車保険、重量税、任意保険、駐車場代、ガソリン代。

軽自動車で年間維持費は20万円前後~、
普通車の維持費なら40万円~と年間総額で見れば経済的負担は大きいです。

経済的理由で手放すタイミング

最も多いタイミング4月に更新される自動車税の納付前のタイミングです。

 

例年2月から3月はじめごろが売却も多く、買取業者の査定金額もアップしやすい時期と言われています。

 

5月末までに支払う自動車税は

  • 軽自動車で10,500円
  • 普通車なら29,500円~111,000円

と、排気量に応じて大きな金額が財布から出ていきますよね。

 

私も今回、2リッター車の自動車税39,500円を納付するに当たり、経済面で苦しくなり自家用車を手放すかどうか本当に悩んでいます。

 

答えは出ています。

先立つものがないなら手放す。

いつも、そう思って手放し、

また買えるタイミングになれば買えばいい。。

そう思ってます。

 

とはいえ手放す前は苦しいほど悩みます。

自動車税は車体にかかるものなので、

4月を迎える前に車を手放す最終判断をしたいところです。

家計を圧迫する自動車維持費

我が家の事例を言いますと、

駐車場代 15,000円/月

ガソリン代 10,000円/月

 

自動車税 39,500円/年

3月末までに満了、4月から新たな支払いが発生する

任意保険 46,250円/年

4月9日まで

 

このように毎月の維持費とは別に春先の4月から5月末にかけて、任意保険の支払いと自動車税の支払いが重なります。

なかなかの出費です。

 

我が家の場合、子どもたちが大きくなり、あまり家族で移動する機会もなくなり、車にはあまり乗らない生活になっています。

これを機に手放すか。。

 

本当に悩ましいです。

お気に入りの車なので手放すにも悩みます。

 

※メンテナンス費用が払えず手放した過去の愛車↓

インプレッサ GC8

 

個人的には車を手放す理由ほぼ経済的理由に集約されます。

 

経済的(お金が)理由で手放すならこのタイミング

自動車税や任意保険といった大きな維持費の支払い。

車検前のタイミングもそうですが、税金や保険の出費額って数万円単位になります。

これは自動車売却時に特段加算される要因でもないため。車を手放す方向で検討しているなら、

  • 任意保険を支払う前野タイミング
  • 自動車税更新する前のタイミング
  • 車検を受ける前のタイミング

こららを過ぎないよう気をつけたいところです。

 

  • 自動車税払ったけど売っちゃった
  • 車検受けてから売っちゃった
  • 売る前に任意保険更新しちゃった

 

となると、単純にその金額を損したことにもなりかねません。特に買い替えではない売却で任意保険を払っちゃうと、ただただ無駄に保険料払っただけになってしまいます。

 

買い替えのタイミング

車を買い換えるタイミングで売る

自動車を手放すタイミングで一番多いのが買い替えのタイミングでのお別れです。

今まで身近にあった我が家の車。

  • 楽しい家族との思い出、
  • 素敵な友達との思い出
  • 運転失敗した思い出、
  • 運転が上達した思い出

いろんな思い出が詰まってる愛車ですよね。

買い替えで新しいクルマがやってくるにもかかわらず、なんだか涙が出そうになる。

そんなオーナーさんも非常に多いです。

 

買い替えのタイミングで手放すとき、

思い出が蘇る、

涙が出そうになるなど、

大事にしてきた方ならではの感情です。

 

そんな大事にしてきた愛車、

下手に手放すと、安く買い叩かれてしまいますよね。

こんなに別れを惜しんでるのに安く買い叩くディーラーとか、、

もうちょっと気持ちを察して下取り額に上乗せしてほしいくらいです。

 

まとめ

愛車を手放すときの気持ち

多くの人は寂しい、悲しい、

そんな気持ちで溢れているようです。

 

単純に手放すだけのときもあります。

買い替えで手放すときもあります。

 

どちらにせよ、

そんな別れを寂しく感じるほどの車を

やっすく引き取られていく姿を見るのは本当に悲しすぎます。

 

せめて、

大事にしてたぶん、

査定額に気持ち分でも上乗せしてしてくれよ。。

 

私は毎回そう感じます。

やはり、

最終的に査定額を上乗せするには買取業者に競合させるのが一番ですね。

私の車買取はいつもこんな感じです。

だいぶ高く引き取ってもらってるので助かります。

 

今回は、ここに申し込んでみようと思ってます。

ユーカーパック

いつもは一括査定なので、

申込み後の

  • 買取業者から何社も電話がかかってきて面倒
  • 何社も車を見に来るので時間合わせるのが大変

といった不満を解決してくれるのがここユーカーパックの競合査定です。

査定額の最高値が査定事務局から連絡入るだけなので、何本も電話に出なくていいです。

 

さらに、

最高値をつけた買取業者だけが実車を見に来る。

という便利なサービスです。

全国5000社以上の車販売店やガソリンスタンドなど、車体を購入して(仕入れて)そのまま店舗で車体販売している業者だけのネットワークなので買取金額が一括査定より高くなる傾向にあります。要は、中抜き(仲介)がない売買になるため高額査定になりやすいんです。

車種によっては一括査定よりはるかに高い査定にもなるので、楽しみです。

 

ここと

一括査定と

両方で査定することで本当の最高値での売却が可能になるはずです。

どちらも。

われわれ一般人には助かるサービスです。

 

一括査定はここです。

前々回、車検が近づいたときホンダオデッセイを売ろうと使ってみた所、一番高い会社と一番低い会社の差が11万5000円にもなりました。

今回もここに依頼しようと思います。

そして、大事にしてきた愛車を適正に査定してくれる業者へ手放す予定です。

こちらの一括買取査定です

申込は45秒で終わり、最大10社から一括査定が受けられ、高額査定の会社が見つかります。

まずは売る前に

愛車の買取相場くらいは知っておきたいですね