10万km走行のワゴンRショックアブソーバーをKYB NEW SR SPECIALへ交換してみた感想

10年落ち、10万キロ超の走行で格安の中古車ばかり買っています。

このような車両を買う際は購入後、足回りを交換する前提で車体を購入しています。

スポンサーリンク

足回り(サスペンション)を交換するべき理由

古い車両、走行距離10万kmでショックアブソーバーの交換をすることは一般的です。

ショックアブソーバーの抜けを考慮して交換するほうが安全面で有利ですし乗り心地の面でも改善た期待できます。

 

個人的には試乗して購入するので、ある程度足回りの状態は把握して車両を購入します。

しかし、実際に乗ってみると、ショックアブソーバーが完全に抜けきっていて正常な動作をしないサスペンションになっている車両もあります(過去事例ではミラジーノが完全に抜けてました)。

ショックアブソーバーが完全に抜けきっていると、車両が走行中、段差を超える際などにサスペンションのバネが伸びて縮んでを何度も繰り返すビヨンビヨン状態になります。

とても危険な状態です。

速度が高いほどその症状は激しくなります。

ショック抜けのビヨンビヨン状態が危ない

運転にある程度の集中力を持って向かえば、加速時、減速時にビヨンビヨン状態は感じ取れるはずです。一般的に運転席に座れば誰でもわかると言われるビヨンビヨン状態。

もしわからないまま高速道路などへ乗るとかなり危険です。

 

ビヨンビヨン状態がどれほど危険で怖い症状なのか?
関西では西名阪の松原ICを超えて香芝方面へ向かう料金所出てからトンネル手前まで追い越し車線を走行し、そのペースに乗って走行すればわかります。ビヨンビヨンが収まらないまま数キロ走行できます。結構怖いです。

 

ビヨンビヨン状態で走行する車両は本来のタイヤ接地ができてないため、タイヤ性能や車のブレーキ性能を活かしきれず思わぬ事故へ発展するリスクが高まります。

 

ショックアブソーバーはヘタっている程度ならいいですが、完全に抜けてビヨンビヨン状態になっているなら必ず新品あるいは程度の良い中古へ交換することをオススメします。

カヤバKYBのNEW SRは純正同等の性能

新車購入から10年乗り続けた愛車。

中古で購入して10万kmに到達した車。

中古で10万km超えて購入した車。

どの場合でもショックアブソーバーはそれなりにヘタっている可能性が高いです。

ビヨンビヨン状態が出ていなければ「まだまだ交換しなくても大丈夫」です。

 

しかし先に上げたビヨンビヨン状態が出ている車両ならショックアブソーバーの交換をすると車両の挙動がが新車時に近づきます。ショックアブソーバーを純正相当の新品に交換することでものすごくいい動きをする車に生まれ変わります

 

 

交換するなら純正交換タイプか車高調となりますが、カヤバのNEW SR SPECIALは純正と同等の性能で乗り心地をキープしつつ新車時の車体の挙動に近づけるリフレッシュ用ダンパー(ショックアブソーバー)として非常に有名です。

ワゴンRの場合は純正もカヤバ製です。

今回はじめて車高調ではなく、カヤバ純正交換タイプKYB NEW SR SPECIALへ交換したのでその感想を以下にまとめます。

KYB NEW SR SPECIALのレビュー

今回購入したNEW SR 前後左右4本 1台分

(注意:フロントは左右で形状、品番が違います)

 

NEW SRの感想

いきなり結論を言います。

正直、純正ショックアブソーバーをカヤバ純正交換タイプKYB NEW SR SPECIALに交換しても、乗り心地などは全く変化を感じない。

素晴らしいです。

 

今までは固いバネレートの車高調ばかり交換対象として選んでいたため(ミラジーノ、Keiワークス、180sxほか)足回り交換で車高調をいれることで「ビシっ!」と引き締まる印象がありました。

 

しかし、今回このカヤバ純正交換タイプでは、純正のサスペンションの一部(バネとアッパーマウント)を再使用します。

その結果、乗り心地は素晴らしく心地いい

「新車のノーマルの乗り心地ってこれだ」

そう思えるような状態になります。

 

今回は10万km走行でかなりヘタってるショックアブソーバーと交換した状態ですが、10万km走行のショックアブソーバーもそれなりに減衰力が残っていたので、ビヨンビヨン状態などは一切なく、とても乗り心地は良かったです。

 

そのため、交換後も乗り心地はほとんど変わらず、わずかに締まりのある足回りになったような、路面のギャップや段差をビシバシいなしながら乗り越えるような、非常に良い状態のサスペンションシステムに生き返ったような印象があります。

 

ノーマル(純正)が持つ、非常に考えられたセッティング。これが経年劣化でややバネの突き上げ感などを発生するようになる走行距離10万km超過の車両。

そんな経年劣化と走行距離でわずかに劣化した性能を新車時のようにビシッと収まりの良いサウペンションへと近づけてくれる。それがカヤバ純正交換タイプKYB NEW SR SPECIALという感じです。

 

交換作業

ショックアブソーバー交換作業(手順)はこちら

交換作業は純正ショックアブソーバーとサスペンション分解が必要です。

ワゴンRでのサスペンション分解手順(素人DIY)

 

 

交換作業が出来る場所と工具があればフロントなら左右で3時間程度

リアなら左右で30分もあれば交換できます。

 

 

 

持ち込み交換 取付工賃

持ち込みでの交換工賃は時間工賃8000円計算となる店舗が多いので

  • 8000円×2時間で16000円(フロント左右)
  • 8000円×1時間で8000円(リア左右)

このくらいの金額が目安となります。

まとめ

昔からあちこちで、言われてる通りです。

どんな車両でもレビューが似ている通りです。

カヤバ純正交換タイプKYB NEW SR SPECIALは純正ショックアブソーバーと交換したら、乗り心地が新車のそれに近づくというのは本当でした。(新車は知らないけど、けっこうビシっとしつつ乗り心地の良い状態になります)

 

大人がえらぶべきショックアブソーバー

それがカヤバ純正交換タイプKYB NEW SR SPECIALです。

 

自分で取り付けするよりプロの取付作業が安心

今回、自分で純正ショックアブソーバーを取り外しましたが、工具もいろいろ必要なので、結果的に持ち込みOKな取付店で作業してもらうほうがコスパよかったかな?と反省しております。

今は便利な時代なので近所の持ち込みOK店舗もスマホで探せます。

ネットで買った車高調やナビなんでもOK近くの取付店で格安で作業してもらおう!