車高調取り付け料金(持ち込み)KeiワークスにTEINストリートベイシス取り付け

スポンサーリンク



純正のショックとスズキスポーツのダウンサスが装着されたKeiワークスですが、走行8万km超過なのでショックだけでも交換時期かな?と考えできるだけ純正に近いショックを導入するべくKYBのNewSRかTEINのストリートベイシスか迷いながら、セットで安いTEINの車高調を選択した。

Keiワークス車高調取り付け風景

2014-10-02 19-18-10

TEINストリートベイシス、一式が届いたので開封

2014-10-02 19-18-47

グリーンのショック部分がTEIN

2014-10-02 19-19-07

スプリングもTEINグリーン

2014-10-02 19-19-20

リア車高調パーツ

2014-10-02 19-19-43

純正のショックとスズスポの青いバネ

2014-10-02 19-20-04

ボルトが固着してたようで回りやすく処理してからの作業です

2014-10-02 19-20-19

ブレーキホースストッパーとボルト

2014-10-02 19-20-42

リアのショック取り外し作業、ロアアームが脱落しないようジャッキで持ち上げる

2014-10-02 19-21-01

みんカラなどでも書き込みがあったけどKeiワークスの左リアのショックは取り外すのに苦労していた。かなり大変そう。自分でやらなくてよかったと思った瞬間。

2014-10-02 19-21-29

呉5-56スプレーで滑らかに

2014-10-02 19-21-49

フロントのサス取り外し作業は着々と進み

2014-10-02 19-22-08

ゴロン、と取り外し完了2014-10-02 19-22-28

こちらもフロントブレーキディスクにジャッキをアテて脱落防止

2014-10-02 19-22-49

純正アッパーマウントを流用するため新品をいれようかとも思ったけど、触った感じまだまだ使えそうなのでそのまま使用する

2014-10-02 19-23-04

樹脂部分も柔らかいので問題なし 走行8万km

2014-10-02 19-23-32

フロントサス取り外し後のASSY

2014-10-02 19-23-54

エンジンルームから見るとこんな感じ

2014-10-02 19-24-25

組み込む新品のTEIN車高調を組み上げていきます

2014-10-02 19-24-49

前後4輪の車高調と調整式ラテラルロッド

2014-10-02 19-25-29

純正サスからアッパーマウントを取り外す必要があり、スプリングコンプレッサーで純正サスを縮める。この作業が怖いのとコンプレッサー安物だと作業が途中でできなくなることもあるのでプロに頼むのが一番いい。

2014-10-02 19-25-58

アッパーマウント取り外し完了

サスペンションシステム分解完了

2014-10-02 19-26-27

フロントの純正ショックを押し込んでみると、、

全く戻ってこない。

そこそこヘタってるけどオイル漏れなどは無いので使おうと思えば使えるようだ。

写真 2014-09-25 13 46 28リアショックのフルストローク状態と伸びた状態

これだけストロークある純正。どうりで乗り心地いいはずだ。。

2014-10-02 19-26-50

一方、組み込み車高調のセッティングがどんどん進む

エアコンプレッサーでじゃんじゃん作業が進みます

2014-10-02 19-27-19

4輪すべてのショックをこうやって押し込んでチェックすると

2014-10-02 19-27-33

4本とも押し込んだっきり戻ってこない、

2014-10-02 19-28-14

取り外した純正パーツは処分、

通常廃棄料金が発生するけど、サービスしてくれた。

2014-10-02 19-28-33

組み込み用サスキットが完成。

これを車体に組み込んで指す交換は完了。

2014-10-02 20-18-31 2014-10-02 20-18-52

車高が下がるので調整式ラテラルロッドでリアのホイール位置調整も行う。

2014-10-02 20-24-22

このラテラルロッド調整は4輪のアライメントにも大きく影響するので車高下げたら必ず調整が必要。調整しないと高速域でコーナリングしながらギャップや路面の穴に落ちた時などに意図しない方向へ車体が吹っ飛びます。(ふっ飛ばしながら調整したりしますが、、)

2014-10-02 20-24-41

取り外した純正部品一式は処分

そして4輪アライメントテスターへ

2014-10-02 20-24-59 2014-10-02 20-25-47 2014-10-02 20-26-29

4輪にテスターを装着して光学式で数値を計測するタイプ。

いろいろアライメントテスター使ってきたけどこういうのもあるのね。。

2014-10-02 20-26-54

キャスター角、トー角などFFなのでトー角くらいしか調整できないけど、タイロッドと調整式ラテラルロッド、あとは車高の微調整でアライメントをあわせて行きます。

2014-10-02 20-27-12アライメント調整はとりあえず数値合わせて完了。

これはこれでいいとして、これから自分で乗りながらタイロッドひねって調整していきます。

Keiワークス車高調取り付け料金

今回の車高調取り付けは大阪近辺では一見さんの持ち込み取り付けで最も低価格かつ信頼できるパーツワン尼崎店にお願いした

なんで信頼できるかというと、ここ、4輪アライメントテスターも装備してるガレージなのでサス交換15000円~+アライメントチェック&調整も低価格で行える。なおかつネットで購入したパーツをそのままパーツワンさんへ送って車乗っていけば取り付けしてもらえるといういたれりつくせりの持ち込み取り付けの名門なのです。このKeiワークスを購入したショップは持ち込み取り付けでコミコミ56000円という見積を出してきた。車高調取り付け、ラテラルロッド取り付け、車高調整、サイドスリップ調整、光軸調整といったメニューで56,0000円。

言ってることはわからなくはないが購入したにもかかわらずなんとも厳しい見積もりで呆れるばかり。ちなみに、どの作業が工賃いくら?などという説明が全くないアバウトな勘定のお店なので安く済ませたい場合は頼みにくい店だ。

どうも購入店はチューニングショップで妙にプライドが高いようで、、

大金出してチューニングするお客様以外は客じゃないというスタンスが感じ取れる。

お財布に余裕のない自分には厳しいお店で車を買ってしまったようだ。

残念。

一方、いつもタイヤ取り付けをお願いしてるパーツワンさんは

車高調取り付け、車高調整、ラテラルロッド取り付け、ラテラルロッド調整、4輪アライメントチェック、アライメント調整、廃棄パーツ処分まで全部込み込みで3万円ポッキリ、しかも作業時間は1時間半、2人がかりでさくさく作業していただけた

素晴らしい!

愛想もよく親切なスタッフさんが対応してくれて本当に助かりました。

今度はWAKO’Sの0-40Wオイル交換3000円(工賃込み)もお願いしたいと思います。

激安すぎて助かる庶民の味方パーツワン。もっとお店増えてほしいものです。

走行レビューとその後のセッティングについてはまた別途。