ゴルフ6 GTIを購入初めての欧州車を中古で買った納車前後のレビュー

家族で移動するときや人を乗せる用途で置いてあるオデッセイRB1がそろそろ車検ということもあり、また買い替えを考え始めていた。オデッセイのアブソルートは走行性能がかなり高いのでお気に入りなのですが、最近子どもたちが大きくなりあまり同乗する機会が減っていた。

うちは狭い立体駐車場なのでミニバンクラスの巨体だと取り回しがけっこう厳しい。

買い換えるにしてもオデッセイより走行性能(走る曲がる止まるの高いレベル)が落ちるのは絶対に嫌だった。

とはいえ、できればもうちょうコンパクトなのがいいと思い、高速走行性能が高いドイツ車の中でAudi A3とかフォルクスワーゲンのゴルフ、あるいはBMWの1シリーズなんかを物色していた。

でも、標準グレードだと明らかにオデッセイより旋回速度ほかスポーツ走行では遅い。

なのでけっこう悩んだ。




初めてのドイツ車(欧州車)

知人の多くが自営業ということもあり、まわりは欧州車乗りばかり。

横に乗せてもらったり運転させてもらったりで欧州車の運動性能や快適性はよく理解しているつもり。ただ、よく故障するという情報を昔から気にしていたので自分で外車を所有する気にはならなかった。

しかし、先日レンタカーでBMW miniのクロスオーバークーパーSDに乗った時、嫁の運転がえらい上手で楽しそうにワインディングをドライブしてたのでうちのクルマもドイツ車にしようかなと思った。

そして、

オデッセイからの乗り換えで良い車種ないか?
(パワーと質感を落とさずに中古で探すとなると)

と考えると、ドイツ車のターボ付きくらいしか思いつかないわけで。。

180sxで車体剛性とはなんたるか?

をヒシヒシと学んだのでドイツ車の剛性が欲しくなった。

そう、嫁のためというのは建前で実は自分が乗りたかったわけですw。

いろいろ考えた結果、

昔からいつかは乗りたいと思っていた外車はBMWのM3とフォルクスワーゲンのGTIだったので価格的に手が届きやすいGTIを買うことにした。

嫁はブランド好きなのでBMWかAudiがいいと言うのですが、走行性能と質感をこの予算で成り立たせるにはGTIがベストだと判断し、嫁の言い分BMW X1とかAudiは除外しました。

嫁さん専用車みたいなものなのでフォルクスワーゲン6の丸っこいカタチも女性ぽくていいかなと。。個人的にはゴルフ7のスパルタンな見た目が好みだけど予算的にも6がちょうどいい。5年落ちでコミコミ200万円前後のものが多い。

ちなみにゴルフはドイツ車の中では一番故障が少ないそうですよ。

庶民用のクルマですから故障すると売れないでしょうね。

まあ、故障どころか全損しまくりで壊し慣れてる自分にはそういうクルマもちょうどいい。

では、

うちに来る予定の

フォルクスワーゲンゴルフGTI 2010年モデル

2016-06-27 12-11-54

この2眼メーターは好み。

センターにインフォメーションパネルがあるのもいい感じ。

2016-06-27 12-12-10

GTIやゴルフRは内装にメッキをたくさん使ってるのでドイツ車なのになんだかシンプル過ぎず交換が持てる上質感がある。

個人的にはメッキ大好きなのでこういうの好き。

2016-06-27 12-12-30

今回の車体を選んだポイントのひとる。純正ナビTV付

センターコンソールにもメッキが映える感じで室内空間がかっこ良く見える。

2016-06-27 12-12-45

GTI用のスポーツペダル。

オルガンタイプなのでヒール&トゥがやりやすいとかなんとか。

2ペダルですけどね。。

2016-06-27 12-13-00

庶民のクルマ、フォルクスワーゲンゴルフ

それのホットバージョンなので実用性もしっかりです。

それゆえサングラスホルダーなど使い勝手のいい小物入れが各所にある。

これはありがたいです。

さすが世界のスタンダード車。

2016-06-27 12-13-29

一応身長180センチの息子が座れる後部席となるとこれくらいあればなんとかなる。日本の国産ミニバンみたいな広さは望めないけど、普通に心地よい広さとシートバックの角度だ。

2016-06-27 12-13-47

今回の目玉DSG6速デュアルクラッチシステム。

はっきりいってマニュアルミッション車より速いシフトが出来る。

自分の強化クラッチ180sxよりは5倍位速いシフトチェンジができるので嫁さんと競争したら負けるかも。。

エンジンは211psのトルク28Kgくらい。

最大トルクが1700回転くらいから立ち上がって5200回転まで続くんでその辺の3リッターセダンより加速いいかも。

ノーマルの180sx(ターボ)と同等くらいの0-100タイムです。

2016-06-27 12-14-06

これがあると実用車としては便利極まりないバックカメラ。

純正のバックカメラなのでリアハッチのエンブレムがパカっ!と開いて出てくるかっこいいオプションのやつ。

これはちょっと感動した。ドイツ車もこんな面白いのつけることあるのね。。

リトラクタブルバックカメラです。渋い。

さて、

2016-06-27 12-14-30

車体は白がいいなーと思ったけど、個人的に色は何でもいいのでグレーにした。

えらく輝くシルバーだ。

我が家の2台はシルバーなのでそのうち180sはオールペンしようかな。。

2016-06-27 12-14-45

タイヤは17インチ225の扁平45

ミシュラン パイロットスポーツ3が装着されていた。溝6部の2013年製なんでそのまま履いておこうと思う。

DCC付きだと18インチになるのでDCCなしのほうが車高調も変えやすそう。

2016-06-27 12-15-09

GTIの代名詞 タータンチェックのシート

昔はキライだったけど、嫁さん用としてみるとなんかオシャレすぎる内装に見える。

2016-06-27 12-15-27

2010年モデルなのでコスト削減前の車体。

なのでステアリングのマルチファンクションキーが付いてます。

カッコいい。

DCC以外フルオプションなので新車で400万程度なのかな。。

走行3万8000kmの中古GTI

ワンオーナーゆえか内装がえらい綺麗。新車並?

2016-06-27 12-15-47

Kameiのバンパーガード

ドアノブもKAMEIのグリップガードがついてドアのエッジやハッチのエッジにもついてる。

どこまでキズ対策しとるねん。。

個人的にはこういうのいらないけどせっかくなので貼ったままにしておくことにする。

2016-06-27 12-16-10

丸っこい安産型のケツ。

商用車っぽい。

ホットハッチというには見た目がゆるキャラすぎではなかろうか。。

2016-06-27 12-16-28

リアのオーバーハングが短いのでオデッセイで慣れた嫁さんなら車庫入れも早くなるだろう。

2016-06-27 12-16-41

ルーフ後方にあるシャークフィン。

何のアンテナなのかな?

洗車時に気をつけないといけない。

こんな感じのゴルフGTIを初めての外車、初めての欧州車、初めてのドイツ車として所有することになった。

購入後のレビュー

走行性能は間違いない最高。

最高速は250kmほどらしい

youtubeで見る限り最高で270km 公称240km 日本輸入車はリミッターが250kmで作動するので250までは出そうです。何よりアウトバーンでハンドル軽く握って余裕で250kmで巡航してる映像みるといかにゴルフが高速走行性能を高めてるクルマかというのがよくわかる。

実車のほうもメーター読み220kmまでは軽く出そう。200km巡航も片手運転でOKなほど安定感がある。ポルシェGT3などの200kmからさらなる猛烈加速というのは無いものの200kmからでもさらに加速できる余裕は優れたエンジンと空力特性などVWの技術の高さが伺える。

日本国内の高速道路ならポルシェやフェラーリ、ランボルギーニみたいなモンスタースポーツ以外に道を譲る機会は無いといえるレベル。高速での安定感と加速力は驚異的なコンパクトカーだ。

0-100km/hタイムは

6秒2~6秒9とどれをみても6秒台。発進加速もいいけど、80kmからの加速とかDSG6速のおかげもあってヤバイくらい速い。国産2リッタースポーツ並という感じ。

直噴ターボ車ゆえ高性能NA並の圧縮比10.2による低回転域での強烈トルクと2000回転すぎからターボブーストによる加給が合わさるため、けっこうパワフルなスポーツカーとも普通に渡り合える。下手なスポーツカーよりも当然のごとく速く走れる。DSGの神業シフトワークも相まってすごい加速ができる。VWのTSIエンジン&DSG恐るべしです。

GTIフル加速の裏ワザ

DSGにはDモード(普段乗り)とSモード(スポーツ)があるのですが、普段Dレンジで走行中にアクセルをドン!とフルスロットルしても「ん?」となるくらいの加速しか出ません、

Sレンジに入れてるときの加速に比べるとまったりした加速。。

しかし、Dレンジでドン!と床まで踏み込んだ際、さらに1センチほど奥に踏みしろが生まれるんです。その1センチをギュイ!っと踏み込むとSレンジ状態になり6000回転以上キープしたエンジン本来のフル加速が実行されます。

なので、いざという時、Dレンジからのフル加速でもめっちゃ速いです。

まさに直噴+ターボパワーです。

Sレンジはめっちゃ速い

猛烈に賢いDSGゆえSレンジにしていればマニュアルモードよりも速く走れる場合が多い。DSGの緻密なエンジン回転コントロールやスロットルコントロールよりも運転スキルが優れている人はマニュアルモードで速く走れるかもです。

私はマニュアルモードではレブ当てまくりになるのでSレンジ(ECU)任せです。。

並のドライバーならそのほうが「速い」。

サーキット走行性能は

Youtubeで見たノーマルGTIの鈴鹿ツイン走行タイムが初心者ドライバーの運転で42秒台だったので、少なくとも以前のノーマル180sx+慣れてない頃に自分よりは速い。(今のいじった180sxでは40秒台)

たしかに、ノーマルのままでも相当速く走らせれるクルマだ。

なのでワインディングは相当楽しく速く走れるわけです。ノーマルサスはしなやかなのでどちらかといえば高速ステージのほうが実力を発揮しやすいクルマです。

タイヤ次第で国産のトップカテゴリースポーツカー並に走れる。

※ちなみに、名阪国道の亀山から天理区間の荒れた道をノーマルならしっとり走れて20分台で走りきる性能を持ってます。かなり余裕ありです。つまり東京ー大阪間(東名高速)で2時間半でいけるというイメージです。(想像含むのでヤラないでくださいw)

最小化移転半径

最小回転半径は5メートル。これも購入の決め手。欧州車ホットハッチでは最強クラスの取り回しの良さ。普段使いがよいいい車です。

燃費もいい

211馬力で1400kgの車体を軽々と加速できるクルマなのに10/15kmモードでリッター13km。いろいろ見てても10kmくらいはいけるようでスポーツ走行できるクルマでは恐ろしく低燃費だと思う。0発進以外はめちゃくちゃ速いのに低燃費という素晴らしい車。

自動車保険の金額も意外と控えめです

ネットで一括の一番安いところで任意保険入ったのでまあまあ控えめで対人対物無制限の保険に入ってます。

ゴルフGTI任意保険アクサダイレクトで自動車保険の月額(無事故無違反、対人対物無制限です)
個人的に初めての外車所有となるゴルフ6GTIですが、任意保険は一括見積でいろいろ検討した結果、一括の中にあったアクサダイレクトで契約...

ゴルフ6 Rかゴルフ6GTIか7GTI?

昔はゴルフRいいなぁ~と羨望の眼差しで見てました。

ゴルフRは4WDゆえのトラクションがあり確かに直線加速(0発進)は速い。

けど、よくサーキットや山で見かけるけど、山の下りとかで見かけるRはそんなに速いとは思わないのが多い。重たいのかな?ゴルフRはゆったり高速ツーリングという方向のコンセプトらしい。ゆったりといえどもドイツ本国では200km超でのゆったりクルージングなので200km超えてからの加速力はGTIよりもRのほうが優れているはず。

ゴルフRは少し値段高くなるし燃費も少し厳しい。

サーキット行くならRのほうが凄そう。

でもサーキット用はそこそこ作り上げたのが1台あるのでもういい。

そういうの2台もいらないのでうちはGTIで十分。

うちの場合予算も合わないのでGTIで正解だった。

また、ゴルフ7では最大出力も高められ絶対的な速さではゴルフ6を上回る。しかしエンジン圧縮比が9.7に下げられ、ターボ加給を上げるなどでパワーを出しているため低速域からのなめらかな加速感でいえばゴルフ6GTIの2リッターTSIがフィーリング面でやや優れているとも言える。ただし200kmなど高速域からのフル加速ではゴルフ7が上回る。いわゆるチップチューンレベルなので冷却などを考えると同じパーツではスポーツ走行シーンで不安が残る。

予算があるならゴルフ7はトータルでさらに優れていると思う。

総合的な運動性能が非常に高いゴルフ6GTI

加速よし(直噴ターボエンジン&6速DSG)ブレーキよし(欧州車ならではの強さと耐フェード性)、ハンドリングよし(FFでありながら高い回答性)で非の付け所がない。日常使いのクルマとして高いバランスを持つベースのゴルフ。ボディ剛性により高められた上質な乗り心地と静粛性。そのボディはパネル溶接による高い剛性が与えられている。ボディ剛性はスポーツ走行において速く走るためには重要な要素。

このボディ剛性はハンドリング面に大きく反映されており、シビックRなどと比べると柔らかい(車重の割に柔らかい)サスペンションなので感じにくいがハンドリングの限界はサスペンションの変更などでさらに高いものへと進化させれるはず。とにかく乗り心地を上質に保ちながらもここまで高いコーナリング性能を持つクルマは珍しいはず。

国産2リッターターボのランエボやSTIのような中回転域(3~4000rpm)からの猛烈な加速は無いが、それらにはない2000回転以下からの圧倒的なトルク感があり、低回転域ではシビックやインテグラのような加速力がある。それゆえヘアピンの立ち上がりなどではエボやインプよりも若干立ち上がり加速が良い。4WD相手でも電子制御のトラクションコントロールでキレイに立ち上がる。500メートル程度の直線(セントラルサーキットみたいな)ではヘアピン立ち上がりからストレート前回で大きな差は生まれない。これもトラクションをしっかり伝えるボディ剛性があるからと言える。チューニングによってさらに高性能化することもできるようだが、ノーマルのままでここまでのポテンシャルを持つクルマは国内外で数えても数少ないだろうと言える。

普段使いでややマフラー音が耳障りになるときもあるが、そのスポーティーなサウンドとそれに見合った高い運動性能を併せ持つクルマであり、運動性能は非常に高く、サーキットでノーマルでも戦えるハッチバックと表現していいレベルです。

デメリット

ひとつだけ気に入らないのが油温上昇がきびしすぎるところ。4.5リッターも入るエンジンオイル。しかしながら高速道路で100km巡航するだけで油温は105度を超える。フル加速を連続するシーンではすぐに120度に到達する。水温はそこまで上がらないもののサーキット走行に持ち込む前に油温の冷却強化は考えたほうがいいだろう。

個人的に気に入らないのはこの油温冷却性能くらい。

普段乗りでは全く顔を見せないが、本格的スポーツ走行ではあっという間に油温が上がり、ECUによるエンジン保護の制御が入るようでエンジン回転が3500rpmまでしか上がらなくなる。

油温が下がればすぐにエンジン全開モードに戻るが、制御があるのでレースシーンでは不利になるときも。。ただ、これのおかげで普段のスポーツ走行でクルマを壊すリスクは大幅に低減されてることは確かだ。

憧れのGTカー

ゴルフ6GTIは街乗りからサーキット走行まで、どれも高いレベルで出来るGTカーです。

  • 長距離移動を楽に安心してドライブでき
  • どこでも楽しくスムーズに走れるクルマ

国産車ではなかなか厳しい条件らしいけどドイツ車は庶民の車種でもこれをクリアできる。

やっと本格的なGTカーを手に入れた。

見た目は羊で中身は狼です。

チップチューンでパワー&トルクを一気に上げれるというのも興味深い。

たぶんノーマルのまま乗ると思うけど、ゴルフはアフターパーツ多いので面白そうです。

それにしてもGTIのマフラー音

バフバフ言ってカッコいいですね!

FFとFRの2リッターターボが揃ったので、またいろいろ運転の練習していこうと思う。

保険料金はこれがうちのゴルフの自動車保険料です。