工具紹介KTCコンビネーションレンチセット他DIY工具をKTCで揃えた

スポンサーリンク



最近、先日の工具入れ替え記事の前後からAmazonでいろんな工具を見ています。

工具ばかり見てると以前ホームセンターの安いコンビネーションレンチでボルト何度も舐めてきたことを思い出し、やっぱり精度いいレンチ使うほうが安心かなと。。

で、あちこちの整備工場でよく見かけるKTCのツールがよさげだなと思ったのでスタンダードなレンチ類をKTCにしてみた。




今回買った工具一覧

メガネレンチは単品で必要に応じて揃えることにして、やっぱり一番使用頻度の高そうなコンビネーションレンチをセットで選んだ。

KTCコンビレンチセットTMS208

10mm、12mm、14mmが普段の整備でかなり活躍する予定。あとブレーキパッド交換など場合によっては12mmと14mmを同時に複数使うこともあるようなので基本のピッチを全部カバーするレンチセットがお得感高い。

セットはMS2-07, 08, 10, 12, 13, 14, 17, 19

7,8,10,12,13,14,17,19mmの8本セット。

KTCコンビネーションレンチMS2-15F

基本となる8本セットに不足する15mmを単品で追加。

これはゴルフ6GTIのブレーキパッド交換時に必要なので用意した。

ゴルフ6のブレーキキャリパー外す際に13mm(内側)を回すわけですが、外側の15mmを片口レンチで固定して供回りを防止するために必要。モンキーだと入りづらいのでとりあえず用意しておいた。

レンチを一式揃えたら、

ドライバーもKTCにしようかなと、、

KTC樹脂柄ドライバーセット貫通タイプTPMD18

今まではホームセンターで買ったボールグリップタイプのドライバー使ってて特に不満は無かったけど、最近オーディオ周りの配線とかいじってる際に、

「もうちょい短めのドライバーあればなあ」

とか

バイク整備してるとき

「アカン、ネジ舐めるわ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル」

というシーンがよくあって、

それらが原因で作業を中断することが多い

なのでこういう時は

「貫通ドライバー欲しいなあ。。」

と以前からよく思い当たるシーンがあったのでちょうどよさげなKTCのセットを選んだ。

一応TONEやシグネット、SK11、コーケンあたりも候補にいれたけど、せっかくなのでKTCにした。

このKTCのドライバーはスタッピドライバー以外は貫通なのでハンマーでガンガンぶっ叩ける。セットのドライバーは全て六角軸になってるので強いトルクが必要な場合はレンチを当てて回せたり使い勝手はかなりアップするはず。

なんだかんだ理由つけてついでに買っちゃった感満載です。。

次、

KTCコンビネーションプライヤーPJ-150-S

これは完全についで買いw

別にホームセンターのやるでいいんだけど、これまた商品紹介ページにある機能の解説にビン!と来て買っちゃった。

掴みの部分の柄がぶつかって小さい微妙なサイズのものが掴みづらい時がある普通のプライヤー。しかしこのKTCはそのぶつかりを無くした設計で万能とのこと。

うーん、なんとも言い難いですが、とりあえずマフラーのインナーサイレンサーの脱着でかなりの頻度で活躍する工具なのでちょうどいい性能。

動きがスムーズで先端の噛合も精度が高く今までのプライヤーは一体何だったんだろう?と思える質感を感じる。プライヤーってこんなに質感あるものだったのね。。。

続いてこれもついで買いw

KTC電動インパクトドライバーアダプターJBA3-65

これはいらんやろう~w

と思いつつも気がついたらポチってた。

RYOBIの電動インパクトドライバーで3/8インチソケットを使いまわせるので9.5sqを選んだ。たぶん今後は電動で便利になるはず。。

そして、次

これを買っちゃったのがきっかけでKTC工具ばかり揃えたくなった。

KTC超ロングストレートメガネレンチM160-22×24

これはデフケースのフィラーボルト開ける際、ブレーカーバーとソケットだとマフラーに干渉して使いづらかったのでFLAGのドレンソケットの外周24mm六角に嵌めてガツンとトルクかけれるロングレンチがあれば、、と考えて買ったもの。

そして、コレを買ったのがKTC欲求への始まり。

このレンチ、ストレート構造でさわり心地がいい。

当然ながらレンチのネジ頭へのフィット部分などの仕上げが今まで使ってたレンチとはかなり違う。今までのはあちこちにバリが残ってたり、ネジの角へのフィッティングもやたらと甘い感じでしたがこのKTCのレンチはかなりフィット感が違った。

パワーフィット構造という16角での完璧にネジ角へフィットさせてトルク掛けれる形状になってるようです。

クロームメッキ仕上げの工具もいいですが、個人的にはこういうつや消し仕上げの工具が好きだったりします。レンチもクロームメッキよりもローレット加工のハンドルが好きだし。。

やっぱり、ちょっと値段する工具っていろいろ工夫されてるんですね。

勉強になった。

そんでもって、

KTCラチェットめがねレンチ両頭型首振りタイプ8×10mm MR1A0810F

以前、整備してもらってたお店でこういうの使ってるシーンを何度も見て

「うわ~、このレンチにラチェットついたやつ欲しいなぁ~」

とただただ羨望の眼差しで見てたやつ。

実際に使うと、首振りに慣れてないのでネジ頭にはめ込むさい指で押し当てたりと若干面倒な感じだけど、締め込む早さや緩める早さは一気にアップする。

慣れればかなり作業効率アップする便利アイテムだと思う。

工具はこれで基本的なものは揃った感じ。

あとは各種整備で必要であろうケミカルも用意。

ワコーズ ラスペネ無臭性浸透潤滑剤 A120 420ml

どこの整備工場いってもコレ使ってる。

錆びたネジや焦げ付いたネジ緩める時によくみかけた。

なので安心感ありそうなので用意した。

スリーボンド液状ガスケット灰色シリコーン系無溶剤型流動性タイプ250g

デフオイル交換時などのガスケット締め付け前にドレンボルトに塗るやつ。

赤いのと灰色があったけど、赤い方がいいのかな?

とりあえずコレ使ってみる。

その他、ブレーキパッド交換時に塗るオイルとかも近々用意していこうと思う。

ラチェットハンドルとソケットレンチ類はFLAGの工具でいこうと思います。