タイムズカーシェアを実際に使ってみて感じるデメリット不満点(大阪市内南部編)と対策

大阪市内(南部)で車の維持費が生活費を圧迫するため、趣味用の車だけを手元に残し、「実用的なオートマ車」を売却しました。

スポンサーリンク

大阪市内(天王寺周辺)でのタイムズカーシェア実情

大阪市内在住で、天王寺区、阿倍野区、生野区、東住吉区にはタイムズカーシェアの拠点が数多く存在するため、車が必要なときはカーシェアリングでいいかな、、とタイムズカーシェアを利用開始しました。

 

しかし、

実際に実用性を求めてタイムズカーシェアを利用していると不満が多いものです。

 

借りたくても借りれない時間帯が多いんです。

  • 平日の午後や夕方
  • 土日祝に家族で使いたい時

このあたりの時間帯で使えないことが多いです。

 

この時間帯は自家用車でいうところのメインの時間帯です。

この一番使いたいタイミングで他の利用者さんにシェアされていて使えないことが多い、いや、使えないときばかりです。

 

今すぐ乗りたいな!を叶えるためにはカーシェアリングの車体の台数を増やしてもらうしか無い。

しかし、

  • いつになったら増えるのか?
  • 家からもっと近い場所に一台増えないものか?

そんな願望がつのるばかりです。

タイムズカーシェアの不満なところ

タイムズカーシェアの不満点をあげるなら

  1. 借りたいときに借りれない
  2. 借りれる車体はあるけど遠すぎる
  3. 自転車(バイク)で借りにいけない規約がある
  4. 禁煙なのに喫煙された匂いがついてる車ばかり
  5. 長距離利用では損する

 

おおきな不満はこのへんです。

1 借りたいときに借りれない

まずひとつめの借りたいときに借りれないという不満は先に上げたとおり。

 

天王寺から25号線沿いで何箇所かタイムズカーシェアのパーキングがあるものの、家から徒歩10分以内の車両は5台位です。十分な台数だと思うのですが、これがサンデードライバーの私のような使い方だと、他の多くの利用者さんと使いたいタイミングがかぶりすぎるみたいです。

2 借りれる車体が遠すぎる

借りたいときに借りれないのは「たまたま近所のタイムズカー」です。

自転車で10分以内のタイムズカーなら空きが出てたりします。

 

しかし、タイムズカーシェアには規約があるので自転車やバイクでカーシェアリングの駐車場まで行くことは出来ません。

3 喫煙や自転車乗り付けなど規約違反が多い

バイクや自転車でタイムズカーシェアのパーキングへ行き、そのパーキングの空きスペースに自転車やバイクを駐輪することは禁止されています。

 

しかし、実際はそれらの規約違反が多すぎます。

 

愛用の車両が一台あるのですが、そこはいつも自転車が止めてあります。

規約違反です。

通報しても改善されることはありません。

 

また、その車両はタバコ臭いです。

毎回タバコ臭いので利用後のアンケートで報告はしてるものの改善されません。

※私は喫煙やめたのでタバコのニオイにやや敏感かもです

 

こういった他の利用者のマナー違反というか規約違反が目に付きすぎるのもルールを守るものとしては気分がいいものではありません。

4 両距離長時間利用は決して安くない

タイムズカーシェアの利点は、15分206円というチョイノリには優しい価格設定です。

 

しかし、一方で

長距離移動で使いたい、となると、6時間パックなどパック料金によってお得なプランもあります。

 

しかし、

使用目的が旅行や出張など長距離を想定する場合、12時間パックや24時間パックなどを使うと、1kmごとに16円という課金が発生するなど実質的料金ではレンタカーに軍配があがるパターンもあるため、よくチェックしないと損します。

料金一覧

タイムズカーシェア 料金表

プラン名 クラス 料金 距離料金 延長料金
ショート ベーシック 206円/15分
プレミアム 412円/15分
アーリーナイトパック 18時 – 0時 ベーシック 2,060円 16円/km 206円/15分
プレミアム 2,060円 16円/km 412円/15分
レイトナイトパック 0時 – 9時 ベーシック 2,060円 16円/km 206円/15分
プレミアム 2,060円 16円/km 412円/15分
ダブルナイトパック 18時 – 9時 ベーシック 2,580円 16円/km 206円/15分
プレミアム 2,580円 16円/km 412円/15分
6時間パック ベーシック 4,020円 0円/km 206円/15分
プレミアム 4,020円 0円/km 412円/15分
12時間パック ベーシック 6,690円 16円/km 206円/15分
プレミアム 6,690円 16円/km 412円/15分
24時間パック ベーシック 8,230円 16円/km 206円/15分
プレミアム 8,230円 16円/km 412円/15分
36時間パック ベーシック 12,000円 16円/km 206円/15分
プレミアム 12,000円 16円/km 412円/15分
48時間パック ベーシック 14,000円 16円/km 206円/15分
プレミアム 14,000円 16円/km 412円/15分
60時間パック ベーシック 20,000円 16円/km 206円/15分
プレミアム 20,000円 16円/km 412円/15分

タイムズカーシェア参照

 

※24時間パックで大阪ー東京間往復1000kmを利用した場合

24時間パックベーシック例
8,230円の基本賞金に「 16円 × 1000km 」が加算されます。この例では合計24,230円となるので、長距離利用なら一般的なレンタカーのほうが安くあがる場合もあります。

ただし、

ガソリン代込でこの価格!がタイムズカーシェアのすごいところなので、36時間パックや48時間パックで家族旅行に使う場合、新幹線代なんかと比較すると非常にお安く感じる面もあります。

 

まとめ

以上のような不満はあるものの

自家用車を所有するコストと比較すれば、タイムズカーシェアのおかげで「チョイノリ」するだけの自動車利用においては月間のコストを大幅に安く収めることが出来ます。

 

実際に使ってみて非常にお得感を感じる反面、

使いたいときに使えないという大きな不満もあります。

 

この不満を解消するにはどうすればいいか?

考えた結果

 

私自身が今一度車を所有して

不足する近隣の方と一緒に「実用的なファミリーカー」をシェアしたいと考えました。

自ら車をシェアして使いたい時に使う所有法です。

これなら家計にも優しく、人に利便性も提供できて良いのではないか?と

新しいことに挑戦することにしました。

 

つづき、

エニカの禁止車両 個人間カーシェアリングをはじめてみる 最初の失敗編