ミラジーノ任意保険を割安に!ネット自動車保険の年間保険料がお得(車両保険なし30歳以上)

スポンサーリンク



ダイハツミラジーノ(ミラも同様)で契約していた自動車保険の内訳を残しておきます。

中古で手頃に買える車種ですが、今でもターボのL700はビンビンよく走るのに、保険料はかなり控えめなのでとてもいい車だと思います。

  1. 代理店の人の手を介さないネット保険
  2. 軽自動車

この2つの条件が重なると自動車保険がここまで安くなります。




ダイハツミラ(ジーノ)自動車保険アクサダイレクトでの見積もり例

30歳以上の見積もりになります。

年額でネットの一括見積からネットで手続完了すれば割引があるのでお得です。

一括払い 年間保険料 31,850 円
インターネット割引 -5,000 円

インターネット割引適用後

年間保険料

26,850 円

保険料は割引適用後で年額26,850円です。

運転するのは本人のみ(30歳以上保障)

運転者年齢条件特約 30歳以上補償
運転者限定特約 本人型
運転者による
補償範囲を確認
補償範囲を表示

相手方への補償は対人対物無制限で

対人賠償保険 無制限
対物賠償保険 無制限
対物全損時修理差額費用特約 50万円

ネットで完結する自動車保険がお得なのはここ。

対人で無制限は当然として対物も無制限と上限ありの年額があまりかわらないところです。

迷わず対物無制限を選びたいです。

ネット手続きできる保険会社の多くは対人無制限のプランと3000万円の制限付きプランでの保険料の差は微々たるものです。迷わず無制限を選びたいです。

運転者自身と搭乗者の方への補償

人身傷害補償特約 あり
(搭乗中のみ補償)
5,000万円
搭乗者傷害保険 なし
自損事故保険 人身傷害補償特約で
補償されます
無保険車傷害保険 2 億円

ここも多くの人が選ぶ内容でアクサならデフォルトでオススメ設定に入ってます。

補償内容は

  • ご自身の責任度合い(過失割合)にかかわらず補償
  • 治療費・休業損害・精神的損害・逸失利益・将来の介護料などを補償
  • 示談解決を待たずに保険金をお支払い
  • ご自身やご家族の、歩行中や自転車に乗っているときの自動車との事故も補償

などです。

安心ですよね。

見積り基本情報

型式  L700 主な使用目的 日常レジャー用
運転免許証の色 ブルー メーカー名 ダイハツ(日本)
年間予想最大走行距離 5,000km未満 保険始期日 平成30年4月1日
車名 ミラ 記名被保険者の生年月日 昭和44年x月xx日
初度登録年月 平成10年2月 お住まいの都道府県 大阪

車両保険なし

ファミリーバイク特約なし

で算出しています。

対物賠償保険(無制限)おすすめの理由

保険加入者の96.3%の方が対物賠償保険を「無制限」で契約しています。

なぜなら、保険料の差がほとんどないからです。

2015年1月~2016年10月に新規でアクサダイレクトの自動車保険をご契約いただいた方対象(アクサダイレクト調べ)

事故での思わぬ高額賠償にも対応!

対物賠償保険の支払い対象としてまず最初に思い当たるのは、自動車同士の事故における、相手車両に対する修理費用ですね。車の修理費用という点から考えると、多くの事故においては1,000万円の補償額でも十分カバーできそうな感じがします。ただ、事故によってあなたが負う賠償費用は、事故相手の車の修理費用だけとは限らないんです。

例えば、事故で信号機やガードレールを壊してしまった時や商店等に突っ込んでしまった場合等は思わぬ高額賠償を負うケースもあります。もちろん、事故相手の車が1,000万円を超える高額な車である場合も考えられますね。

物損事故に関する主な高額判決例
認定総損害額 裁判所 判決年月日 被害物件
出典:「ファクトブック2016・日本の損害保険」一般社団法人日本損害保険協会
2億6,135万円 神戸地裁 1994年7月19日 積荷(呉服・洋服・毛皮)
1億3,580万円 東京地裁 1996年7月17日 店舗(パチンコ店)
1億2,037万円 福岡地裁 1980年7月18日 電車・線路・家屋
1億1,798万円 大阪地裁 2011年12月7日 トレーラー

対物賠償保険の補償例

例えば対物事故で賠償額が2,700万円だった場合

今の御時世ですと、対人だけでなく対物も全額保証にしておくのが常識です。

アクサ損保なら年額を抑えつつ、対物全額保証がつけられます。

アクサダイレクトが選べるのは一括見積もりサイトが更にオトクです。

こちらから選ぶだけ

人の手を介さないネット手続きだからお得

任意保険の一括見積に登録している保険会社は以下の手続きがネットで完了します。

  • 最初の契約
  • 更新時の手続き
  • 契約内容の変更

これらの手続きをネットで完了できることによって大幅に人件費などを削減できている保険会社を選ぶことで同じ内容、同じ等級でもかなりお安くなる場合があります。

いろんなブランドの保険会社がりますが、一括見積をするとネット専業の保険会社以外でもかなりコスパのいい契約内容が出ます。

好みもあることですから、比較して検討されることをオススメします。

軽自動車にはアクサ、ソニー損保、チューリッヒが対物全額保証でも年額は控えめになりやすいです。

一括見積だとさらにオトクです。

一括見積から選んでみる