軽自動車で高速道路走行インプレッションやっぱ軽ターボはすげー!西名阪自動車道から名阪国道針IC

スポンサーリンク



2013-06-09_20-32-27

阪神高速環状線と湾岸線を少し走ってみて環状線の流れ時速60km〜100kmに軽自動車でどの程度対応できるのかためしてみると、やはり660ccターボは2リッター並とまではいかないにしても1.5リッター暮らすなら加速ではまず負けない感じなので余裕で車線変更や合流が出来た。

湾岸線で横風などの影響はどの程度か試したかったけど、あまり強い風がなかったので普通に追い越し車線の流れに余力をもって流れに乗れる感じ。

ただしリミッターは130kmあたりで作動するので追い越しとはいえ加速し過ぎるとリミッターが動いてスコっと燃料抜けることになるでしょう。

軽自動車で高速道路とアップダウンの多い名所名阪国道の流れに乗る

個人的にクルマを変えたり、パーツを変えたら箕面の山と名阪国道で走行テストというか個人的インプレッション。

名阪国道は休日にドライブするとなんか気持ちいいですからね。

ただし、ここ、高速道路じゃないのにクルマの流れは70km〜110km程度

アップダウンやそこそこRのキツイカーブもいくつかあります。

西名阪自動車道の天理から乗り換えてすぐの上りがリッターカーやノンターボの軽自動車ではいつも苦労する。

60km〜80kmのあたりでシフトダウンやATでも自動的にシフトダウンが起きやすい場所

排気量大きい車ならトップギアのままトルクでスイスイ登れるのですが、2リッター以下のノンターボ車だとギアチェンジが頻繁に起こりやすい。

まさに小排気量のクルマで流すドライブをしながら実際に流せてるのか踏ん張ってるのか試せる道路だなーといつも思ってる。

コースはここ


大きな地図で見る

全体的に左車線にいても右車線にいてもパワー不足を感じるシーンはほとんど無い。

西名阪自動車道は高速道路なんで追い越しなんかで70km〜80kmからわりと短時間で前方の80kmで走るクルマを抜くことはできる。

100kmで走るクルマも一瞬で抜きされるほどの加速が4速で発揮できそう。

5足のまま平地で100kmのクルマを追い抜くには20秒くらいかかりそう。(最高速テストをしてきたときのパワー感から感じる想定です)

名阪国道の登り坂にて

軽ターボはやっぱりすごいなあと感心しっぱなしだった。

あの名阪国道のどのシーンでも5速のままトルクで登って加速もできる状態が続いた。

ただし、こうう添加剤いれてますが、、

1.5リッターNAではシフトダウンしないと減速してしまって登れない長い坂道も5足のままじわじわ加速すら出来てしまう。車体が軽いのと3000回転あたりからもトルクが太いみたい。

時速70km〜110kmの範囲なら5速のまま右車線でも左車線もそのままシフトチェンジなしで走り続けられる。

もうすぐ150000キロのエンジン。

5速80kmだと回転数は4000rpmを割り込むので少しパワー感がなくなるけど、焦らずペダルの足を少し押しこめばあの登り坂でも加速出来る。

すごいクルマだと思った。

たいしたもんだと感心した。

憧れの軽ターボ5MT

ミラジーノにしてよかったと思った。