ワゴンRのドアミラー自動格納できずガガガガ異音するので応急措置MH23S

10年10万kmの中古ワゴンRですが、調子よく動いてたかと思うと、あちこち故障します。

今回はドアミラーが壊れました。

スマートキーで自動格納するドアミラーですが、このドアミラーの格納(折りたたみ)ができなくなり、エンジン始動後は常時ガガガガーとなにか歯車が壊れたような異音が出続けます。

これ、ミラー内部の歯車が壊れてる状態で、ワゴンRのMH21S MH23Sでは定番の故障らしい。ぐぐると10年10万km未満ならリコール対象で無償修理も可能らしですが、うちのワゴンRは中古で10年10万km超えて入手してるので無償修理はできません(T_T)

スポンサーリンク

修理交換or応急処置

 

中古でドアミラーのユニットごと交換するのが手っ取り早いですが、新品で28,000円ほどするらしい。中古でヤフオク相場で3,000円~8,000円程度。

 

※これらをまるごと付け替えるのが一番安い交換手段となる

 

型番 70K2 R Z7T

 

とりあえずガガガガ異音さえなくなれば使えるので、異音だけ消して財布似余裕出たら中古のミラー買ってまるごと交換することにします。

応急処置の手順

今回は運転席側ですが、助手席側でも同じです。

ミラーユニットへ行く電源を切ることでガガガガとモーターが回るのを停止させます。

 

まずはドアの内張りを外します。

ドアの内張りの外し方は

ネジを3箇所、内張り固定ピン1本はずして、内張りを持ち上げるようにガバっと外します。

 

で、

内張りを外すと

こんなカプラーがあるので

 

カプラーをはずして内張りを元通りに戻します。

 

以上で応急処置は完了。

 

ミラーの角度は手動で調整

折りたたみも手動でバキッと折りたたむ

という面倒な状態になりますが、保安基準上の問題は無いようです。

 

ドアウインカーが光らなくなるのでそこだけ注意です。

 

ドア内張り外し時の注意事項

ワゴンRのドアの内張り外す際、1本だけ内張り固定用のピンがあるのですが、これ、かなり高確率で折れてしまいます。

今回、運転席側も助手席側も折れてしまいました(T_T)

 

で、

それの代用にこういうの買いました

 

プラスチック製リベット 415個18種類 ユニバーサル自動車フェンダー バンパークリップ パネルはがし脱着工具 固定用 押し込み式トリムクリップ トヨタ/ホンダ/GM/フォード汎用 混合ファスナー 収納ケース付き

プラスチック製リベット 415個18種類 ユニバーサル自動車フェンダー バンパークリップ パネルはがし脱着工具 固定用 押し込み式トリムクリップ トヨタ/ホンダ/GM/フォード汎用 混合ファスナー 収納ケース付き

 

いろんな種類あって、使えるものと使えないものがありますが、形状は違っても、いい感じで内装を固定できる種類もあるので、今回は運転席側も助手席側もこれに含まれる+ドライバーでねじ込むタイプのクリップを代用しました。

 

ミラーのレンズ剥がすのに内張り剥がしを使ったのですが、この内張りはずしは上記のリベットのセットに付属してたもののひとつです。

 

 

※ワゴンRのドアミラーのレンズはボールジョイントでつながっている(グリスたっぷり)

 

内装用のリベットはもともと180sxの内張り固定用にリベット探して買ったものなのでスズキ用というものではないので、ジャストフィットのリベットを選ぶのが難しいですが。。

 

スズキ車向けならこういうものを選ぶほうがいいかもです。

 

失敗しない「愛車」の売り方

ワゴンR
スポンサーリンク

ネットで中古車を探してもなかなか欲しい車種が思った価格で見つかりません

なぜなら中古車情報の約70%はネット上では非公開車両だからです。

こちらの中古車無料お探しサービスでは「車選びのプロ」が非公開の車両を含む厳選在庫車の中から、希望に応じた車を無料で探して提案してくれます

シェアする



愛車ブログ父ちゃんの備忘録