180sxクラッシュ全損!雨の運転練習で大失態~鈴鹿ツインサーキットでの出来事

スポンサーリンク



自身の反省の意味を込め長文で記録を残しておきます。

土曜日の朝、カーツ2WAY LSD、4.3ファイナルが装着され
デフケースをスカイライン用流用と同時にABSをカットされた状態で戻ってきた愛車180SX.

機械式LSD入って、ギア比も変わってるんでこりゃ、
雨の日とかテキトーに飛ばしたら即効で事故ってしまうかも。。
と自身で思った。

同時にショップの社長から
雨なんできいつけてくださいね。。
なんかあったらすぐでんわください。

そう言われ店をあとにした。

当日、いつもの山坂道(ハードコースのほう)を数本走りこみ、ギア比やLSD装着によるケツの動きを探り探りしていた。

やっぱ、中速域のカーブがちょっと怖い
土曜日はなかなかの大雨でアクセルオフでケツが飛び出し、
アクセルオンでもケツがフリフリしやすくなってる。
80kmとかでケツふれたら怖いわ。。
自分はドリ経験はほとんど無いのでやっぱり高速域でのケツ振りは怖い。

なんか普通のクルマじゃなくなったなあ。。
と思いつつも山道からの帰りの高速道路でかなりのハードウェットでも安心してアクセル踏みっぱなしで追い越し車線走れるトラクションのかかり具合には満足していた。
直進の安定性なんかは恐ろしく安心感が出る車になった。
たぶん
200kmでウエット走行しても怖くないくらいの車になってるんじゃないの。
などと思いながら
大雨の名阪国道を
すいすいーっと
ずりずりーっと下っていった。
すげー安定感と安心感を手に入れた気分だった。

とはいえ、
やっぱ曲がるときは今まで以上に気をつけないと危ないよね。。

そう思いつつ、
どっかで練習しないとな。。

土曜の夜
そんなことを考えながら

あ、そうだ!
鈴鹿へ行こう!

と思いつき、
日曜日の早朝ドライブを鈴鹿方面へ変更。

今月2度めの鈴鹿ツインへ

朝からいい感じで雨がぱらつき

鈴鹿のことだからきっと大雨に違いない!
そう思ってやってきましたがすでに雨は止み
少し晴れ間がのぞく程度の空に、、、

残念w

とはいえ路面はまだウエット状態、
走行開始の段階でセミウエットくらいか。。

今日は嫁さん子供をつれて、
父ちゃん走ってるとこビデオとってや~DAY

この展望台から父ちゃんのかっこええとこ見とけや、、
と娘にカメラを渡す。

180SXはデートカーやから普段安心して乗ってもらうために父ちゃんはこういうとこで運転の練習してるんやでー

と娘のまえでイキってみた。

裏ストレートからのシケイン手前

あそこ怖いから撮らなくていいで、、。
と娘に撮影アドバイス

Gコースのときでもシケイン怖かったのでフルコースとなると。。
かなり気をつけないと。。
という考えがあったので
あそこはゆっくり走る予定だったから撮ってほしくなかった。

以下、娘カメラより

父ちゃん、コースイン
さっそく写真とってくれてた
ありがとう我が子

そこ撮らなくていいって言ってたのに撮ってくれてたのね。
まあ、いい感じに撮れててうれしいよ父ちゃん。

コースインからけっこうタイヤのグリップが掴みづらい状況
本日は215/45R17のS,Driveを装着して家族とドライブ仕様

コンフォートよりのタイヤで鈴鹿まで向かい、
そのままそのタイヤで走って、
そのままそのタイヤで三重の温泉でもいこうかなと画策していた。

昨日もひさびさにS.DRIVEに履き替えて
大雨の凸凹ハイスピード山道をかけぬけたが
LSDの効きもあってか
恐ろしく安定した直進性で若干気分が舞い上がっていた。

鈴鹿ツインのフルコースならメインストレートで180kmからのフルブレーキングを試せるなあ、、
と少し気負っていた部分もありながらのコースイン

タイヤの接地感を探り探りしながら
コースイン直後の半周をまわりメインストレートへ

まだ探り探り中なのでだいぶ手前でブレーキングテストするため
最終からの立ち上がりでちょっとだけ全開

ホームストレート途中でメーターは180Kmまで到達



娘のカメラアングルからはみ出る勢いの父ちゃん180SX

Gコースでも140kmいくんでフルコースだとスタンド前で160km越えてた。

路面ウエットでどこまで止まれるのか?
普通のラジアルタイヤだけどそこそこいいグリップのS.DRIVE

1コーナー手前50メートル
からの
さらに100メートル以上手前でフルブレーキングテスト

いい感じで減速できた。

しかし、
そこから先のヘアピンとか連続カーブでまったくクリッピング付近まで近づけない状態が続く。

「あ~、これ、今日の路面とさっきの直線スピードで
視覚がおかしくなってるな、、。」

そう、

サーキットってエスケープゾーンあるから速度感覚が狂ってしまう。
さきほどのいきなり180kmオーバーでの景色の流れが自分の視覚を狂わせてしまったようです。
視覚上、
山道の140kmがサーキットの180kmに相当するくらいの感じか。。

その後のカーブで全くクリップできずに大回り

メーター見ると40kmとか60kmで曲がってるけど
雨なのでクリップにつけない。
もっと減速しないといけない。

こりゃもう1周様子見でゆっくり走ろう、、と
2コーナー抜けてからずっと3速でダラダラ走っていた

そしてシケイン手前のバックストレート
3速でダラダラ来てたつもりが

ん???

スピードメーター見ると130km??

あ、、そうか
ファイナルギア比変えとったんや。。
短距離でけっこう出るなあ、、裏ストレート。。

などと思いつつ

娘のショット

この手前のカーブからずっと3速のまま
2足に入れるとLSD効いてケツすべるからとりあえず3速でだらだら縦方向のグリップ感触をためしていたら、シケイン手前でえらく速度が乗ってしまったようだ。

「おっと、ブレーキ少し遅れたかも」

と思ったのと同時に

ブレーキペダルに足をかけても全く制動が始まらない。

あ!

ブレーキのマスターバック不調で交換してないのにABSカットしてたんや!
と脳内で意味不明な言い訳が始まる。

どうしよ、、

この速度でこの接地感無い感触やとハンドル切ってもケツ触れない

となると

直進でエスケープゾーンか?

いや、

まだ最終のタイヤロック攻撃が残ってる

あかん、そうこう選択肢ならべてる間にもうゼブラが目の前に。。

よし一旦ロックや。。

アカンw

ロック不発、

ブレーキそのものが底まで踏んでも効かん故障や

と頭の中では状況を考えつつ
ゼブラを乗り越え沼地となったエスケープゾーンへ

エスケープでケツ振ったろ

そう思っていたが、その思いも儚く

沼地となったエスケープゾーンは
ハンドル操作も減速効果もほとんど自制できない状態。

裏ストレートからシケイン進入寸前にわずかに減速した状態でエスケープゾーン奥にある山の壁面に向かって一直線でダイブする180SX.

「あ~、展望席から見てるやろな~ 娘」

頭のなかによぎった感想。

そう思いながら

「グシャッ!!」

と壁面にぶつかる衝撃を
FRPの安いエアロがいい感じで衝撃吸収してくれる音がした。

運転席への衝撃はほとんどなく、
エアロとフロントの一部のアームが壊れたのかな?

程度に思っていた。

沼地ゆえ、自力では脱出できず、コースマーシャルの皆さんに引きずり出されピットまで自走で戻った。

その際の動画(嫁撮影)

赤旗発生から走行再開まで10分間

同枠走行の皆様、
ならびにサーキット関係者のみなさま
大変ご迷惑おかけいたしましたこと
ここにお詫び申し上げます。

クラッシュの際、そこそこ減速できてたみたいで
ぶつかる寸前の速度は20km~30km
しかしながら斜面へ登り上げるようにぶつかったため
左のメインフレームがグニャリと曲がってしまった。

顔面がエグれた愛車。。

なんか葉っぱが。。

ドカベンの岩鬼みたいな。。

左フレームが押し曲げられ
インタークーラーがタイヤに接触してたので自走で帰るのは無理と判断。

ショップの社長に迎えに来てもらい状況説明&症状診断。

箱替えのほいがいいかもですね

と診断結果がでた。

ドリで壊す前に、まさかのグリップ走行で壊してしまうとは。。
なんて二人で笑いながら愛車180SXの次の展開を相談した。

積載車に乗せられていく180SX

その後姿を眺めながら

クルマにわるいことしたなあ。。

と強い反省を胸に
秋晴れのの鈴鹿の空を見上げた。

その後はショップの代車にのって無事ドライブ&帰宅。

箱替えになるのかフレーム修正にはいるのか?
ぜんぶショップ任せだけど
なんとかまたすぐに元気な180SXに乗りたいと思う。

ほんと、、

同枠の皆様にはご迷惑おかけしましたm(__)m
すいません。