Lowfer Sports KYBショックアブソーバーの素人レビュー

スポンサーリンク



2013-07-10_23-14-36

車体購入時にもともとついてた純正らしきショックアブソーバーは既に抜けきっていた。

近所の整備工場でたまたま車高調導入のミラジーノがあったらしく、中古ではあるもののローダウン用のダンパーとバネがセットで手に入るとのことでいれてもらったサスキット。

どこのものかわからなかったのでタイヤ外してみてみるとカヤバのショックアブソーバーだった。

2013-07-10_23-17-24

KYB LowferSportsインプレッションとレビュー(一般道と高速道路、ワインディング)

個人的なインプレッションですので参考程度で、、。

まずはホイールセット2種類で試したのでそれぞれの印象

ナンカン AS-1での評価

165/55/14サイズ

空気圧冷間2.4kだとタイヤが硬すぎて車内の内装などがガシャガシャ音を立てる。

サスとタイヤでは路面ギャップを吸収しきれず車体で受け止める感じになる。

うるさいけど、グリップ感がわかりやすいシーン(高速走行時で路面ギャップが少ない場合)もあり、サーキットとかジムカーナに使うならこういう固いタイヤの組み合わせもありかも。

ちなみにナンカンAS-1は静粛性とウェット性能を高めたタイプのタイヤらしいけど、けっこう軽い車体と相性良くてグリップも横方向は良い感じだなと感じてる。縦グリップはスポーツタイヤと比べるとかなり弱いですが、、。

空気圧冷間1.9まで下げると、、

街乗りで乗り心地がわるいので

硬いバネ、硬いタイヤ、弱いボディ

という組み合わせから

硬いバネ、柔らかいタイヤ、弱いボディ

という組み合わせに向けてみたところ

街乗りでガタンガタン音を立てていたシーンで激しいショックオンはなくなり、高速道路のギャップで跳ねるような場所でも路面に追従する感じに近づいた。

完全なセッティングではないけど、とりあえずお金かけずに乗り心地と走行性能の安心感みたいなのを調整するのに空気圧減らすのはありかもと思った。

しかし、、、

2013-07-10_23-15-27

高速道路なら冷間1.9の空気圧でも走行中に2.1程度まで上がるので良い感じだけど、低速コーナー中心のワインディングなんかでスキールオン鳴らしながら曲がり続けてるとタイヤの側面まで路面に当てることになるようだ。

安全性という意味で、空気圧下げ過ぎはよくない。

そういえば、ネクストリー偏平65のタイヤもあるので、、

ということで偏平あげてテストしてみた。

ブリジストン ネクストリーでの評価

BRIDGESTONEのネクストリー(155/65/13)で純正サイズより幅で10mm細くなり、偏平65の組み合わせ。

ダンパーそのものはローダウンスプリングに対応するよう設計されてるらしいので動きに違和感は無い、ジーノの車体は15万km走行で疲れてることもあるので、固いバネとダンパーの組合わせに固い偏平の薄いタイヤを組み合わせると、車体が軋み激しいショックオンが伴う。

これをタイヤの段階でショックを吸収できないかと考えテストしてみたところ

街中での乗り心地はさすがに65偏平で10mm細いタイヤのほうが圧倒的に心地よい。

サス&ダンパーの硬いものと組合わせてもスポーティーな感触をもちつつしっかりと路面を追従する感じだ。

しかし、高速道路では速度の速いカーブではタイヤが歪んで外側のタイヤのアライメントが激しく崩れてるのか?と思うようなフロントタイヤの巻き込みみたいな症状が出た。(前後のトレッド幅とかで変わると思うけど、、)

高速道路の直線で車線変更するとき、ミニバンのようなふらつきを感じた。

サスペンションだけ固めてタイヤのサイドウォールが柔らかいと起こる減少に似てる。

ハンドル切って、ワンテンポ遅れて車体がグラリとハンドル切った方向へ揺れ動く感じ。

ちょっと怖い。

中低速ワインディング(40km.h〜)でのインプレッションは、やはりタイヤのサイドが弱いのでタイヤの接地面が変な感じになってるような気がした。バケットいれたのでタイヤのたわみとかわかりやすくなってるぶん、急坂下りのコーナリングとかでスキール音ならずにズザザザザーと流れる感じは不安もあり心地よいものではなかった。

そもそもそういうことに使うタイヤじゃないのであくまでも試してみたとうことで、、。

総合するとネクストリーとこのサスペンションと車体の組み合わせは普段使いにはすごくいいと思った。ちなみに空気圧は冷間2.1にしておいた。

タイヤはAS-1(偏平55)とネクストリー(偏平65)で比較にはならないけど、同じようにタイヤ空気圧を落として柔らかくした結果、硬いサスと弱いボディの不調和をちょっと補ってくれたような気がする。

とりあえず、ネクストリーのほうは細いタイヤな分、制動距離が長くなるので、安全考慮でAS-1の空気圧下げたほうでしばらく乗って見ることにする。

ボディ補強はまだピラーバーのみ。

タワーバー、ロワアームバー、フロアサイトサポートなどいれてみたいところだけど、、

とりあえずこの生きた動く車体でギシギシ受け止めながら走るのも面白いのでこのまま様子見ることにする。

ミラジーノの自動車保険、高くないですか?
僕の任意保険は対物無制限でけっこうお得です
年間保険料も控えめで維持費が抑えられるのがいいです。

ミラジーノの任意保険、年間保険料の見積もり結果はこちら