エンジンオイル交換時の廃油処理方法と空き缶の廃棄ゴミ分別の方法

スポンサーリンク



前回のオイル交換から2400kmほど走行。

うちサーキット走行(ドリフト2枠)1回、ほか、お山のドライブ数回

まだまだいけそうだけど、気温も上がってきたので念のためオイル交換。




今回は上抜き交換でサクッと

腰が痛くてジャッキアップするのが辛かったため上抜きにした。

前々回のオイル交換で使ったこの「上抜きポンプ」

久しぶりに使ったら、やっぱり楽ちんでした。

抜いたオイルの量がわかりやすいのでいい。

抜いたオイルは、なんと5リットルもあった。

オイルクーラー装着後なので多めに入れたけど、入れ過ぎだったみたい。

今回入れ替えるNEWオイルはMobile1 15W50

楽天で4リットル5000円前後で売ってるやつ。

とりあえず今回は3.7リットルほど入ってレベルゲージのHighまで来た。

オイルクーラー装着しててもノーマルと入れる量は変わらないみたい。

オイルクーラーに古いオイルが残ってるんですね。。

さて、抜いたオイルとオイル缶の処理方法。

エンジンオイル交換後の廃油処理とオイル缶の処理方法

マンション暮らしで、作業するのはいいけど、ゴミの廃棄に悩まされる大阪市内。

でも、最近は便利なものがあるのでオイルは簡単に処理できる。

抜いたオイルはオイルの処理箱「ポイパック4.5リットル」に入れて処分。

ポイパックは2.5リットル、4.5リットル。6リットルと種類があるので使うオイルの量でサイズを選ぶ。

デフオイルやMTオイル交換の際は2.5Lサイズを使ってます。

廃油はこれでよし。

しかし、問題は空き缶の処理方法

前回までは空き缶をクルマのタイヤで踏み潰してペシャンコにして捨ててた。

しかし、ペシャンコにする際、

ガレージの地面がオイルまみれになったりタイヤにオイルがついてしばらくとれなかったり。

ペシャンコ作戦

これが近所迷惑で厄介なので

今回から工具で空き缶を潰して捨てることにした

タガネドライバーを空き缶にあてがい、ハンマーで穴あけ

ハサミが入るくらいに穴を広げて

空き缶の上部をハサミでジョキジョキ切っていく。

万能バサミとか使えば問題なく切れる。

ちなみにニッパーでは大げさだし刃先の長さが少なすぎる。

使うなら刃が強いハサミがいい。

空き缶の底面部分も同様に穴開けてハサミでカット。

空き缶の上面、底面が切り取れた。

ここで注意点

オイル缶の切断面がなかなか鋭利なので、軍手や作業手袋は必須です。

皮膚のかわりに手袋が切れてた。

手袋してて助かった。

切断した空き缶をペンチでしばく。

ペンチでぺちゃんこに。。

出来るだけコンパクトに折りたたみ

これを燃えないゴミに分別して処分するだけ。

ポイパック&紙じょうご燃えるゴミで処分。

以上で、オイル交換に伴う燃えるゴミと燃えないごみの処分はOK。

居住区の自治体によってはポイパックの処分など特別な指定があることもあるそうです。

うちの近所はとりあえず問題なしでした。

このハサミめちゃ切れます。

by カエレバ

今回使った工具とガレージ工具近況

今回の空き缶処分作業で使った工具は

  • タガネ
  • ハンマー
  • ハサミ
  • ペンチ

これだけです。

こだわりのハサミはこれ

SK11の万能バサミ。アルミ板なんかでも切れるし薄い紙もスイスイ切れる。

空き缶カットにはこういうベントノーズタイプ(曲がってるやつ)が使いやすいです。

ペンチはKNIPEX 02 01 200

ピアノ線も2.3mmまでカットできる刃付のペンチ。

お気に入りなポイントは

先端のつかみ部から1センチほど下にコンビネーションプライヤーみたいなギザの掴みがある。

これがプライヤーみたいな使い方も出来て便利。

KNIPEXのプライヤーレンチは個人的に全く使い物になってないけど、このペンチはめちゃ使える。

by カエレバ

動きがスムーズで強烈なつかみ力もGood。

そして、これ

VESSELタガネドライバーで穴あけ

見た目で気に入ってマイナスドライバーと勘違いして購入したのが1ヶ月ほど前。

あれから意外なほどあちこちで活躍するタガネドライバー。

車高調の皿回したり、廃棄する木材砕いたり、塗装剥がしたり、サビ落としたり、空き缶に穴開けたりと、大活躍中。

叩くことを前提にした工具ってガツガツ使えて楽しいです。

ガレージ工具の近況

コンパクトな工具バッグにいれっぱなしの一軍工具。

プラスドライバー2番、マイナスドライバー6番、タガネドライバー、ハサミ類、ペンチ、ニッパーなど。

内装剥がしの代わりに導入したPBの変わり種ドライバー(マイナス)やKNIPEXのつかみモノなど、最近はMade in japanじゃないものが増えつつ有る。

キッチンペーパーとワイヤーブラシとか拭きもの類。

工具バッグとこの箱もって作業ポイントに座り込む。

そんな感じのサンデーメカニックを楽しんでおります。

オイル交換メモ 走行距離142400km

次回の交換は145000kmくらいかな。。

それにしてもSR20DETというエンジンはアルミブロックが弱い弱いといわれてるけど、

ちゃんと冷却してメンテもマメしてたら

本当に頑丈だなと思う。

こんなド素人が無茶ばかりしてるのに、

サーキットでガンガン使ってるのに壊れない。

すごい屈強なエンジンなんだなと思う次第です。