180sxチューニングパーツ一覧その5(ブーストアップとタイヤサイズをアップ)

チューニングを進めてきた際、お世話になっていたお店がなくなることに。

そこで自分で感覚的に行っていた弱めのブーストアップと燃調をプロの手に託すことに。




TOMEI / 東名パワード PONCAM TYPE-R

2017年03月03日
カテゴリ : エンジンパーツ > カムシャフト
エアフロ交換などなどが済んでブーストアップすることになりECUセッティング出すなら、
ついでにと定番の東名ポンカムを装着
IN256 EX256自分でパワーFC設定変更したところでパワーアップとかあまり変化は感じなかった。

自分の車体では何よりアイドリングが不安定になりAACバルブ調整で強引に安定させた。

装着から数日後、パワーFCのセッティングを専門店に依頼して空燃比などしっかりと合わせてくれたおかげかとてもいい感じになった。

基本的にブースト上げたのでパワー感がある感じなのでポンカムの影響かどうか?はよくわからない。
個人的にはノーマルのカムでも良かったような気はするけどダイナパックでパワー計測したら純正カムでは届きにくい数値、それなりの数字出てたのでカム交換で出力はアップするっぽい。

購入価格 ¥50,000
入手ルート ネットショッピング(楽天市場)

TRUST GReddy GReddy オイルクーラーキット(オイルエレメント移動タイプ)

2017年04月02日
カテゴリ : 冷却系 > オイルクーラー
こそこそフリー走行練習を繰り返しサーキット走行もかなり慣れてきたので近々レース形式の走行会へ参加するためオイルクーラー装着。
連続周回で7週ほど走らないといけないので最後の冷却パーツオイルクーラーをつけてもらった。エレメント移設なんでサンドウィッチタイプじゃない分多少マシかと思うけど。。できればSR20DETエンジンの急所でもあるオイルブロックの強化もしたかったけど時間の都合でオイルブロックはノーマルのまま使うことになった。サンドウィッチブロックじゃないから多少マシかな?

取り付けメリット:
オイルエレメント移設タイプなので今まで手が届きにくかったエレメントをサクッと交換出来るようになるのがいい。
あと、かなり冷却強化できた感じ。
たぶんブースト1.1でもセントラル3周は全開イケルと思う。
本当は7周走らないといけないけど。。。
模擬的に直線長い鈴鹿ツインのフルコースでテストしてみるかな。。

実はエンジンもこの1年でかなり酷使(月2でドリフト&グリップ)してきたのでそろそろ危ない(ちょっと運転ミスしてオイルに鉄粉混じり)状態だけど、どうしても4月の走行会で一度走らせてみたかったので基本的に山道かミニコースしか走らない自分には不要と考えてたOILクーラーを取り付けた。

春先なので油温は75度前後で安定
水温は80度弱で安定ややオーバークール気味

※装着にあたってローテンプサーモから純正サーモに変更。

オイルはMOTUL 300V 15W-50 5リットル注入。

※価格はフェンダー加工費、取り付け、オイル代、同時ににOIL管理メーターなどなど着けたので合計額。

購入価格 ¥248,000
新品/中古 新品
入手ルート 実店舗

Defi Defi-Link Meter ADVANCE CR Defi-Link Meter ADVANCE CR 油温計

2017年04月02日
カテゴリ : メーター > 油温計
サーキットの連続周回に備えてオイル管理をさらに徹底することにした。
オイルクーラー装着に伴ない油温、油圧メーターも装着。オイル交換は今までも徹底してきた。
サーキット2回走行で交換してきてるのでほぼ毎月1~2回交換してきた。エンジンは快調に見えるけど14万kmのエンジンで自分の操作ミスでメタルを損傷させたこともありこのエンジンでのレース参加は1回できたらいいのかな?
レース終わればしばらくはおとなしくドライブしようと思ってる。

水温計、ブースト計とdefiのCRをつけてたので油温計、油圧計も同じCRで統一。
コントローラーでピークホールドや各種設定できるので便利。

油温は75度で安定
油圧は走行時4.5~6k

4連メーターになったのでナビなど室内配線を整理した。
クルマ管理しながら仕上げるのにメーター複数ついたけど、できれば全部とっぱらってスッキリしたい。。

とりあえずあと数回の走行
エンジン壊れませんように。。

新品/中古 新品
入手ルート 実店舗

RAYS VOLK RACING VOLK RACING CE28N 10SPOKE 17インチ 8.5J

2017年06月18日
カテゴリ : タイヤ・ホイール > ホイール

サーキットでのタイムアップとGTウイング付車両と張り合うためにのためにリアタイヤを太くしてみたいと思い新たなホイールを用意。

フロント 7.5J インセット+33
リア 8.5J インセット +40

これに
フロント 225/45R17
リア 245/40R17

このサイズのタイヤをチョイス。
前後TOYO R1Rで揃えてみた。

純正フェンダーでちょうど収まる。
このインセットならリアタイヤ255もギリ行けそうに見える。

タイヤ太くなったけど乗り心地も悪化せずいい感じ。ホイールの見た目はあまり好みじゃないけど軽いので良しとする。

購入価格 ¥89,000
新品/中古 中古
入手ルート 実店舗(アップガレージ)

TOYO TIRES PROXES PROXES R1R 245/40ZR17

2017年06月18日
カテゴリ : タイヤ・ホイール > タイヤ

以前205/55R16で履いた時のグリップ感に好感をもってたためリピート。

今回は16インチから17インチへ
さらにフロント225、リア245へサイズアップ。

しかし、
履いた瞬間から感じる静粛性と乗り心地のよさ、
なぜかグリップ力を感じない。

まだ全開走行してないけど、
街乗りでもわかるくらいグリップ力落ちてると思う。

トレッドウェア200

以前は140だったかと思う。
耐摩耗性能を向上させたのはいいけど、これじゃあ個人的な目的は果たせそうにない。

普通のプレミアムタイヤっぽい乗り心地でハイグリップ気味のスポーティタイヤになっちゃったR1R。

トレッドウェア80のAR-1リピートすればよかったとも思うけど、リアを太くした分のトラクションアップは感じるので良しとする。

全開タイムアタックは秋以降の予定。

※価格は4本

購入価格 ¥68,000
新品/中古 新品
入手ルート ネットショッピング(楽天市場)

この状態でのベストタイム

鈴鹿ツインサーキット自己ベスト更新2017.12.21
年末に満を持して走りに行ってきた鈴鹿ツインサーキットGコース。 年間タイムアタックランキングで3位以内に入れば景品貰えるので年...

現在に続く