180sx5穴化ブレーキキャリパー4ポッド化とリアインドラム全交換

今回、180sxのブレーキをフロント4ポッド化、リアを対抗2ポッドのサイドブレーキはインドラム式に交換した。(すべてお店で作業してもらってます)

今後のメンテナンスのために変更したパーツを備忘録として書いておきます。

スポンサーリンク

フロントブレーキを対抗4ポッド化

2016-09-01 14-51-37

フロントのキャリパーはR33スカイラインHCR33用対抗4ポッドキャリパーを使用。

R32でもR33でも同じタイプだが、R33R34はディスク系が少し大きくなってるためフロントはR33用以降の外品ディスクを使用したほうがいいらしい。

2016-09-01 14-51-50

フロントはR33用ブレーキキャリパーを使用した。

リアブレーキ 対抗2ポッド化

2016-09-01 14-52-15

リアはR34スカイライン用を使用。

2016-09-01 14-52-29

リアブレーキのディスクサイズはR33,R34共通らしいのでその型番で探す。

※なお、リアブレーキの効き具合を強化したい場合は純正180sx型押しキャリパーのままディスク大径化のほうがいいそうです。ドリフトの人たちは大径化でコントロールしやすくしてる人が多いらしい。

その他必要パーツ

ブレーキキャリパーを前後交換するにあたって

  • フロント4ポッド化
  • リア 2ポッド化
  • サイドブレーキ インドラム式

に同時変更するため

フロントはナックルごとR33用に変更(小加工あり)

リアもナックルごとR34用に変更

2016-09-01 14-52-44

リアがインドラム式サイドブレーキになるためS13、180sx用の競技用サイドブレーキワイヤーキットを用意した。

2016-09-01 14-53-12

ブレーキホースも180sx純正のままではR33R34用ブレーキシステムには長さが違うらしく専用(スカイライン用)のブレーキホースを用意した。ついでにステンメッシュ化した。

GT1 MOTORSPORTSという会社の製品

ブレーキパッド

2016-09-01 14-53-28

ブレーキパッドは4穴時に使ってるものと同じ銘柄エンドレスのMX72を使用。

ただし、R32やS15など対抗ポッド用の型番となる。(R32,R33、R34,S15は同じらしい)

 

街乗りからサーキット(走行会程度)まで余裕でカバーする耐熱。

ブレーキフィーリングは踏み込んでから効くタイプなのでコントロール性がよくお気に入り。

ブレーキディスクやや大径化

2016-09-01 14-53-44

ディスクは新品でディクセルのR33用(フロント、リア)を用意。

ちなみに

ナックルごと交換してるので今後パーツ買い替えする際は

ブレーキパッド R33 R34スカイライン用を選択する必要がある

ブレーキディスク フロントR33用ディスク(サイズ厚み) リアR34用ディスク(サイズ厚み)を選ぶ必要がある。

リアは33も34も同じ大きさ同じ厚さらしい。

2016-09-01 14-54-04

リアブレーキのインドラム化

2016-09-01 14-54-26

リアもナックルごとR34に変更。

ドラムのインナーシューは中古パーツについてたものをそのまま使った。

2016-09-01 14-54-50

構造変更届け出による改造申請

リアブレーキが180sxノーマルはディスクによるリアブレーキ兼サイドブレーキだったのが今回の変更で

リアブレーキはディスク、サイドブレーキはインドラム式となったため構造変更の届け出と認可が必要。

そして車検を通した

2016-09-01 14-55-43

E-RPS13改となりました。

ブレーキ交換後の様子メモ

2016-09-01 14-56-27

フロント右側、新品ディスクの削れ具合チェック用写真

2016-09-01 14-56-55

左フロントブレーキ 当たり具合は同じに見える

続いて

リアブレーキ右側ディスクの最内側がやや塗料残ってる。

あたりが悪いのか?

2016-09-01 14-56-39

リアブレーキ左側

最内側のディスク塗装がしっかりと削れてる。あたりが出てるということか?
2016-09-01 14-57-09

走行200kmなのでブレーキのアタリ自体は付いてるが、リアにやや偏りがある可能性もある。

今後チェック必要。

ホイール5穴

2016-09-01 14-57-27

ホイールの選択はかなり悩みましたが、とりあえずR32スカイラインGT-R用純正ホイールを使用。タイヤは今まで履いてたATR SPORTS 2の205/55R16をそのまま履き替える。

2016-09-01 14-57-52

GT-R用純正ホイールは

16インチ 8J オフセット+30

なのでリアは少し車高下げてれば余裕でフェンダーに治まり干渉もしない。

しかし、フロントがややハミ出し気味にもなる。

しかし車高下げてキャンバーつければ完全にフェンダー内に収まる。

2016-09-01 14-58-21

現状はフロントがはみ出し気味のツライチ。リアは余裕

そんな感じの治まり具合です。

ただし205幅より太いタイヤだとはみ出すと思う。。

ブレーキキャリパー交換後のインプレッション

今回、ブレーキマスターシリンダーおよびマスターバック(ブースター)は交換していません。

この組み合わせで交換する場合はGTーR(R32)N1使用のABSなしを選択するのがベストだけど、パーツが全く出てこないのでとりあえず180sxノーマルのままセッティングしてもらった。

前後のブレーキバランスがフロント4ポッドとリア2ポッドのバランスが非常にいい。キャリパーのピストンサイズがR33フロントとR34リアでバランスとれてるのかな?

細かいことはわからないけど、はっきりとわかることがひとつ

ブレーキ踏んだ感覚はカッチリ

そして

おっそろしくサイドブレーキが効くようになった。

 

踏んだ感触のカッチリ感は恐らくステンメッシュホースの影響かと思われます。

踏み出しがドイツ車っぽい重く固い感じに近づいた。

カックンブレーキにはなってません。

MX72(パッド)の特徴がしっかりでてます。冷間50度から効き出す感じがありつつ

グオォッ!っとブレーキが効く。

 

めっちゃブレーキ効くのでいつものコースを試しに走ってみると、

コーナー進入時、かなり手前で速度落ちすぎてアクセル踏み直すシーンがやたらと出た

走り慣れてるコースでこれなのでかなりブレーキの性能というか本来のブレーキパッドの性能に近い状態を出してる感じがする。

このブレーキパッドこんなに止まるのか!

ていうか、同じタイヤでなんでこんな手前で止まるの?

と疑問と驚きの連発です。

 

 

さて、

マスターバックとマスターシリンダーの交換も必要だと思ってましたが、マスターシリンダーからのフルードの出方をやや調整(ネジの閉め具合)でかなりいい感じのブレーキシステムに仕上がりました。

ほんとうにバランスのいいブレーキになった。

タイヤとパッドを全く同じもの使ってるに

ディスクの大径化とキャリパー大型化、ステンメッシュホース

これらの変更でフィーリングと制動距離に大きな変化があった。

 

もともと180sx純正でも不満なんかなかったのですが、

ドレスアップのつもりでキャリパー変更そしてブレーキディスクの大型化(若干サイズ)によりブレーキのフィーリングが劇的に変化。

たぶん、280mmから296mmだったかな?

サイズ大型化によるブレーキの強化がしっかりと出てるんだと感じます。

 

またこのブレーキに慣れるのに時間かかりそうですが、こんだけ手前で止まるならサーキットでもっと奥までブレーキガマンしても大丈夫そう。

けっこうタイムアップに繋がるパーツ変更なんだなと思いました。

スカイラインのブレーキ、けっこういいですね。

失敗しない「愛車」の売り方

180SX
スポンサーリンク

ネットで中古車を探してもなかなか欲しい車種が思った価格で見つかりません

なぜなら中古車情報の約70%はネット上では非公開車両だからです。

こちらの中古車無料お探しサービスでは「車選びのプロ」が非公開の車両を含む厳選在庫車の中から、希望に応じた車を無料で探して提案してくれます

シェアする



愛車ブログ父ちゃんの備忘録