サビ取り剤のサビアウトを使ってみたが、、180sx愛車のお手入れ日記

スポンサーリンク



愛車180sxのエンジンルームを開けると、ストラット付近にサビが、、。

これ、先日つけたボンネットダンパーという黒いゴムを無くしてたときに出来たサビ。

ボンネットとボディが擦れてたみたいです。

ストラット=サスペンション取付部

なので錆びて朽ち果てると大変。

板金塗装とかは自分では出来ないし、頼むと大金飛ぶので、とりあえず自分で簡単にケアしておこうと思い錆止め剤を買いました。




錆取り剤でボディのサビを撃退開始

溶接部分にまたがるようなサビ。

早く進行を止めなければ、、と選んだ錆取り剤がこれ。

サビアウト

サビ取り液です。

大阪の会社が販売してました。

アマゾンで買ったのですが、

サビの部分によっては効果なし

などのレビューもあるものの、

最強の市販サビ取り剤

という声もあったので試してみた。

塗って拭き取るだけでサビ退治。

みたいなキャッチコピーでした。

早速塗ってみました。

サビアウト塗って10分放置

ついでに中古で買ったサビだらけのタワーバーもサビ落としする。

サビがボディへ遷移しちゃうといやなので外してみると

まだ大丈夫でした。

しかし、このサビの多さ。

このサビをまたボディへ密着させるのは嫌なのでサビ落としを塗りたくりました。

歯ブラシでゴシゴシ塗って磨いて10分待ち

歯ブラシでゴシゴシ塗って磨いて10分待ち

を繰り返しましたが、

結局、

ほとんどサビは落ちなかった。。

なのでサビごと削ることにした。

電動ドリルやらサンドペーパーやらを駆使。

それでも塗装の中から出てきたサビなのでしつこい。

なかなか取れないのでサビ取りはほどほどで諦める。

タワーバーの棒の部分にも白サビがいっぱいあったのでサンドペーパーでつかんでシコシコしまくった。

けっこうきれいになった。

タワーバーのボディ接触部分のサビは完全に取り除くのが困難だったので缶ペイントで塗装した。

こないだバンパー塗装した時の残りでスプレーする。

とりあえずサビを抑えることで進行を止める。

塗り終わった。

4重塗りしたのでサビは全く見えない。

そのうち下から浮いてくるかもしれないけど、進行はだいぶ遅らせることが出来るはず。

ボディと同じ色で塗装したタワーバー。

存在感が消えたかな。

ストラット部分のサビも取れなかったので塗装しといた。

塗装の中でサビ進行しそうだけど、、

中古車なんで他にもこういう部分がたくさんあるはず。。

なので気にしない。

まあまあキレイに仕上がったかな。

大事な愛車

出来るだけキレイに保ちたいです。

今回使った錆取り剤

Amazonのレビューではけっこう良さげだったんですけどね。。

けっこう残ったので

今度、娘の自転車とかに使ってみます。