スポンサーリンク



酷道〜和歌山県道218号線から217号線へ迷い込む

酷道 和歌山県道218号線

和歌山県のある紀伊半島を縦断し、国道42号線という海沿いの道をのんびりドライブ。

しかし、大阪方面へ向かうのに白浜を超えるのは渋滞で疲れそう、、

そう考え見知らぬ国道を登り始めると知らないうちに県道218号線という、とんでもない酷道へ迷い込んだ。

タイヤはATRーK Sports

ワインディングで楽しく走るつもりが2度めの林道迷い込み。

しかも夕闇迫る午後7時ごろ

夕立でゲリラ豪雨の直後とあって道は険しいだけでなく、ぬかるみ地盤が緩んでいる。

誰も好き好んでこんなところ通りたいわけではない。

なんとナビがこの道を誘導したのだww

YouTubeに同じ道の動画があったのでのせておく。

いま見ても恐ろしい。

落ちたら確実に死ぬ、、

そう思える高さの道、10km以上ここを走らされた。

ミラジーノの幅でギリギリのところがほとんど。

この道に入るあたりに「ここは軽自動車以外の乗用車の通行を禁止します」と立て看板があったけど、軽自動車も通行禁止にしてくれればいいのにw

と思えるくらい命の危険を感じる道だった。

途中写真のようながけ崩れポイントもあり、(自分が通る時は鉄板とベニヤ板が置かれてた)片輪のせるのも決死の思いで通過するような状態。しかも夜で見えにくい。

車体の左側を壁面にこすりつけるようにクリア。

オフロード車かw

と突っ込みたくなるシーンがいっぱい。

途中未舗装道路も一部あり、(あんときは泣きそうだった)

ハイグリップラジアルでこんなとこ迷いこむなんてww

泣きたい気持ちだった。

なんとかぬかるみもスタックせずに通過。

とんでもない標高と崖っぷち。

見下ろすと高所恐怖症の自分は集中力をなくす

道だけ見ろ!

こう心に言い聞かせ

2輪のオフロードやってた頃を思い出し

崖がわみ見える埋め立て後は信用するな!

と自分にいいきかせ、ほぼ全域1速か2速でゆっくり通過。

約1時間県道218号線から県道217号線へと通過し、やっとのことで民家の見えるところまで出た。

なんとか生きてクリアできた。

なんでこのナビはこんな道通らせたのだろうか?

あまりにも怖かったので忘れないように書き残しておく。

和歌山県の県道218号線は2度と通るなよオレw.