サーキット走行初心者におすすめの車種を年間予算100万円以内で選んでみた

これからサーキット走行をやってみたい!

という方へサーキット走行用に選んでみたい車種を紹介します。(中古車です)

ここ3年間ほど自分でサーキット走行に行ってるのでコースでよく見かける車種から選んでいます。

普段乗り慣れた車でサーキット走行したいというのが基本なので、本当はサーキット走行用に別途クルマを用意するというのは違うかもしれません。

しかし、

僕は自家用車でサーキット走行をすることはオススメはしません。




まえがき

サーキット走行は一般道でスポーツ走行をするよりは安全です。安全とはいえ、エンジンオイル、ギアオイル、タイヤ、ブレーキパッドなど、一度サーキットを走行するだけで普段メンテナンスしなくても済むような部位がことごとく劣化します。

ただの劣化で済めばいいのですが、エンジンオイルがへたり過ぎて冷却不良によるオーバーヒートはエンジンそのものに深刻なダメージを与えます。

ブレーキがサーキットのストップ・アンド・ゴーに耐えれる水準の品質ではない場合、一瞬にしてブレーキパッドが炭化して車ごと壁に激突全損なんことも普通によくあります。

(自分でやっちゃってます:一発全損

なので、普段乗るマイカーでサーキットを走行するにも、オイル類や専用の別タイヤを用意したり、ブレーキの強化は必須です。

しかし、

普段乗る大事なクルマを「サーキットを少し走るがために」足回りのチューニングをしたりすると乗り心地の悪化や燃費の悪化など、本来そのマイカーを買った目的とは違う方向へクルマが向いちゃいそうです。

サーキット走行専用のクルマを用意する

ここではライセンスなしで走れるミニサーキットでスポーツ走行する方向でセレクトしています。(ミニサーキット 鈴鹿ツイン、MLSなど

ミニサーキットの場合、サーキット走行をフルスロットルではなく軽く走行する程度でも意外なほどタイヤは削れ、オイルは劣化しブレーキも痛みます。

とにかくサーキットにおけるスポーツ走行はクルマに厳しいんです。

どうせ壊れるのがサーキット走行です。

ならば、中古のボロいのでもいいからサーキットで全開スポーツ走行出来るクルマを用意したほうが都合がいい。全開でアクセルもブレーキも踏めるほうが一般道では決して味わうことの出来ない荷重移動を楽しめます。

車選びにはもちろん予算の都合があるので総予算100万円以内でクルマを選んでみるといいんではないかと思います。

遊びに100万円なんてとんでもない!と思われるかもしれませんが、

車体50万円~100万円としても

ガソリン代、オイル代、タイヤ代などは1年も走ればこれであっという間に100万円を超えてきます。

サーキットを走り出すと、ブレーキ、サスペンション、補機類、メーター類とクルマを守るために最低限装着したい、あるいは交換しておきたいパーツは必然的に出てきます。

これらも高価なパーツを使うと300万円程度では全く足りません。

正直100万円ではサーキット走行を続けるのは厳しいのですが、あえて100万円未満でそれなりに楽しめそうな車種を書き残してみます。

中古車でサーキット入門

予算300万円なら新車で走行するなんてもってのほかです。
(お金持ちの方は別です)

予算100万円なら選択肢は中古車なので

車体、タイヤ、車高調、練習用のガソリン代、オイル代

これら全部含めて年間100万円で収まるクルマ

かつ

走り込んで楽しめるクルマ!

をここにピックアップします。入門用です。

正直クルマならなんでもいいのですが、アフターパーツが揃えやすいクルマのほうが修理やメンテの際、総合的なコストを抑えやすいんです。

なので、そこに着目したセレクトになっています。

オススメ車種軽自動車編

僕が最初に軽自動車からサーキット走行を初めたので初心者のオススメ車種は軽自動車です。

コペン

車両情報:カーセンサー.net簡単ネット査定

特徴

軽量かつオープンらしからぬ高いボディ剛性。ミニコースでは下手な普通車ではたどり着けないタイムを出せるクルマ。チューニングの伸びしろは高い。

最低限の装備

オープン用のタワーバー、スポーツタイヤ

車体+初期パーツの費用目安 70万円

車体 50万円 + タイヤ代+タワーバー

アルトワークス

特徴

軽量な車体にパワフルなエンジン。チューニングしなくても速いがチューニングの伸びしろも高い。

最低限の装備

タイヤ、車高調

車体+初期パーツの費用目安 70万円

車体50万円 + 20万円

ラパンSS

特徴

パワフルなエンジンに軽量な車体。

最低限の装備

車高高めなのでロールホールド性を高めてタイムアップできるフルバケットシートは欲しい。

車体+初期パーツの費用目安 70万円

40万円 タイヤ、車高調、フルバケ

オススメ車種 普通車

軽自動車では鈴鹿サーキットなど走行できないコースもあるので最初から普通車を選ぶのもいい選択肢だと思います。

スイフト

車両情報:カーセンサー.net簡単ネット査定

特徴

チューニングパーツが豊富でチューニングの伸びしろは高い。いじらなくてもそこそこ速いがいじればとても速い車にもなる。

最低限の装備

タイヤ、車高調

車体+初期パーツの費用目安 80万円

車体50万円 + タイヤ代、車高調

ロードスター NA NB

特徴

軽量FRスポーツ、速いコーナリング。チューニングの伸びしろは高い。

最低限の装備

オープン用ロールゲージ、タイヤ、車高調

車体+初期パーツの費用目安 90万円

50万円 +タイヤ代、車高調、ロールバー40万円

デミオ 1.5スポルト

特徴

軽量化で高いボディ剛性

最低限の装備

タイヤ、車高調

車体+初期パーツの費用目安 70万円

40万円 車高調、タイヤ代30万円

シルビア 180SX

特徴

FRでターボだが車体剛性が異様に低いためマシンコントロールの練習に最適。チューニングの伸びしろは高い。逆にチューニングなしではめちゃくちゃ遅い。

最低限の装備

タイヤ、車高調

車体+初期パーツの費用目安 100万円

車体70万円 タイヤ、車高調

インプレッサ STIⅤ GC8

特徴

そのまんまレースに出れるくらいスペックが高い車。

最低限の装備

タイヤ

車体+初期パーツの費用目安 100万円

車体80万円 タイヤ代20万円

ランエボ 4

車両情報:カーセンサー.net簡単ネット査定

特徴

そのままでも異様に高い戦闘力とAYCによる安心コーナリング

最低限の装備

タイヤ

車体+初期パーツの費用目安 100万円

車体80万円 タイヤ

サーキット走行にオススメのスポーツタイヤ

事故車でもやすけりゃ選ぶ価値あり

サーキット走行用の車体は無事故車で値段が高いものよりも修復歴ありで安いものを選ぶほうがお得かなと思います。

ホント、自分で修復歴作りに行くようなものなので無事故車にこだわらなくてもいいと思います、

年式が古いものや、過去にスポーツ走行で酷使された車体はいたんでいますが、どのみち数回サーキット走れば車体はヤれます。

練習機として割り切って古い車体と付き合えば、それはそれで意外なほど愛着もわくもんです。

まとめ

他にも楽しめる車種はたくさんあります。

個人的には軽自動車ならダイハツエッセ、普通車では4AG搭載のカローラGTやスターレット、ミラージュサイボーグあたりも低予算で楽しめそうで好みです。もう少し予算を上げればS2000やインテグラなどホンダのスポーツモデルも視野に入りそうです。

  • ターボかNAか?
  • FFかFRか?

こういった迷いも出るかもしれませんが、ノーマルに近い状態ならミニサーキットでは軽量のFFが速いですよ。チューニングが進めば差は縮まるかもしれませんが、FFは何かと速いです。

また、ミニサーキットのようにコーナー多いコースはNAのほうが断然速く走らせやすいですよ。

初心者向けの走行会や関西のサーキット情報はこちら