軽自動車で高速道路が快適な車種と追い越し安定ふらつきなど個人的に感じる長距離移動のしんどさ

軽自動車で高速道路の走行はしんどい。

軽で長距離なんてしんどくて無理。

軽自動車の評価は人それぞれですよね。

でも、軽自動車で長時間運転するのも大好きな私のようなドライバーもいるので、ここでは軽自動車で高速道路を楽しく運転するために、不満や不安の払拭材料になるような考え方や運転方法、軽自動車の車種による不安の違いなどをまとめます。

スポンサーリンク

高速道路における軽自動車の不満まとめ

軽自動車が高速道路で抱える不満が人それぞれあると思うのですが、ここではネットで見つかる多くの方の高速道路における軽自動車への不満不安と、「マフラーうるさい、ハイグリップタイヤうるさいクルマ」しか所有していない私なりの感想をまとめます。

まずは、軽自動車で高速道路を走行するのが怖いという方へ

軽自動車で高速道路「4つの怖い」

軽自動車で高速道路を走行するのが怖いという意見をよく見かけます。

何が怖いのか?というと

  1. 横風にふかれて不安定で怖い
  2. 一般車を追い越すのが怖い
  3. 後方からの追突事故が怖い
  4. エンジン音が怖い

といった理由が軽自動車で高速道路における「怖い」と感じる部分です。

 

これについて、私も同じく、横風は怖いし、追い越し車線で怖いなと思うこともある、後方から居眠り運転のトラックなんて来たらどうしよう、、と恐怖感を理解しています。

そのうえで、上記の不安と恐怖を払拭するにはこう考えるといいです。

ふらつきやすい車種

横風が強い時は80km未満で走行すれば、ほとんど問題ないです。

暴風警報の際はできるだけ高速道路や高架道路は避けましょう。軽自動車どころかスポーツカーでも横転リスクあります。みんな同じです。

ただし、アトレーワゴンやNBOX,タントなど背が高い軽自動車の場合はより不安を感じやすいので背が高い軽自動車の場合はより気をつけて運転するしか無いですよね。

追い越し車線が怖い

これは運転するクルマの車種によって感想にばらつきが出るはずです。

軽自動車で追い越しが怖い人はノンターボの背が高いクルマなどを運転してる際に感じる感情ではないでしょうか?

軽自動車はエンジンがターボであれば全く恐怖心は感じないはずです。

アクセルベタ踏みしたことありますか?軽ターボは普通車より速いですからね^^。

高速道路をよく利用するドライバーさんは軽自動車を選ぶ時できるだけターボ車を選べば不安は感じにくく、追い越しでは逆に喜びが多いことも実感できますよ。

 

追突が怖い

後方からの追突こればっかりはどうしようもない。。

後ろからの追突なんで自分ではどうしようもないですよね。

でもね、私は気をつけてますよ。

私はできるだけ前方の車間をあけ、巡航時も前の車に追いつかないよう車間をできるだけ開けることで後方からの危険やリスクを回避できるスペースを用意するようこころがけています。

 

車間を空けて走行する。

これくらいしかできませんが、30年で2回、追突から逃げてます。(逆に2回追突もされて怪我してます)なので、前方に余裕あけると安全性が高いのは事実です。

軽自動車 高速 エンジン音うるさい

ターボじゃない軽自動車で100km巡航するとエンジン回転数が大きくなるので音に恐怖を感じることも多いです。でも豆にオイル交換したり、整備しているクルマなら壊れることはないので整備を定期的にすれば怖くないはず。

高速道路でのエンジン回転数について

軽自動車で高速道路の走行に置いて特に快適性が高い車種に共通するポイントが3つあります。

ターボ車

CVTや4AT

 

高速道路で安心感が高い車種選び

高速道路での不安をまとめると、ターボ車であれば一部の車種では、高速道路だからといって不安を感じるという声が少ない車種も多いものです。

間違いないのは、

高速道路は軽ターボが安心感が高い

これは多くの人が感じてることなので間違いない事実だと言えます。

 

ターボ車は

  • 追い越しに必要な動力性能、
  • 合流で不安のない出力特性

どちらも全く不安が少ない車種が多いです。

 

また、背が高い車は普通車でも横風の強い日の運転は怖いものです。それに比べると。背が低いクルマ(軽自動車)は横風もさほど怖くないという声も多いです。

 

さらに、軽自動車でもターボ車で4速ATやCVTで高いギア比の設定がある車種は120km巡航でも意外と静かだったりします。

 

こういった条件の揃う軽ターボ車を買えば、ご近所ドライブから長距離ドライブまで不安なくこなせる最高の相棒になるのではないでしょうか。

高速道路が特に安心な軽自動車

個人的見解ですが、以下の車種は特に高速道路が快適です。

ダイハツ ソニカRSLtd、コペン、初代ミラジーノ、ムーブカスタムRSなど

スズキ アルトターボRS セルボSR、初代ラパン(ターボ)、ワゴンRなど

ホンダ S660(うるさいが快適) N-ONE

スバル R1 R2スパーチャージャー

 

一部スポーツモデルは騒音などの不満が出るモデルもあるようですが、多くの場合ここに挙げた車種のレビューは非常に良い傾向にあります。

スズキ車

ターボ設定あり車種(高速道路で不安もなく比較的ラクな車種)

ワゴンR ラパン セルボ カプチーノ Keiワークス アルトターボRS ハスラー エブリイワゴン ジムニー

高速道路で不安もなく比較的ラクな車種

ノンターボ
アルトラパン ツイン

背が高い軽自動車
エブリイワゴン ジムニー

ダイハツ車

ターボ設定あり車種(高速道路で不安もなく比較的ラクな車種)
ソニカ キャスト ムーブカスタムRS ミラジーノ初代 コペン

ノンターボ
エッセ ミライース ミラジーノ ミラココア ムーブキャンパス ムーブコンテ

背が高い軽自動車
アトレーワゴン タント ハイゼット ウェイク

 

軽自動車高速道路安い

軽自動車は高速料金が安いです。

なので、高速道路で不安の無い軽ターボ車などは反則的にお得感の高い車種が多い印象です。

 

個人的な感想まとめ

軽自動車大好きな私も、年齢を重ね50歳になりました。

30代後半から40代前半では大阪東京間の往復1000kmドライブも軽自動車で楽しめるほどの元気がありましたが、最近は軽自動車で高速道路を走行するときに「音、うるささ」が気になって辛いものもあります。

軽自動車のNAモデルや3速ATモデルなど一部の古いモデルは高速走行時の騒音や燃費の悪化に問題を抱えていますが、それ以外の4速ATのNAモデルやCVTのNAモデル車両は今やターボ車にも劣らないほどの快適性を持つ車両も多いです。

 

例えばハスラーのNAなんかの例でいうと、80km~90km巡航を心がけることで、静粛性もギリギリ保てるし燃費の悪化も防げます。

個人的には軽自動車買うならやっぱりターボがいい!となりますが、予算の都合もあるのでNAを選ぶしかない場合もあるでしょう。

できるだけ安い中古車で選ぶにしても

 

  • NAなら車重が850kg未満 4AT or CVT or 5MT
  • ターボなら車重1t未満 4AT or CVT or 5MT

 

この条件が揃えば、

そこそこ不安も少なく、

軽自動車で高速道路は恐怖を感じるという人でも考え方が変わるきっかけとなる車種と出会えるかもですね。

 

軽自動車、ほんと楽しいですよ。

ネットで中古車を探してもなかなか欲しい車種が思った価格で見つかりません

なぜなら中古車情報の約70%はネット上では非公開車両だからです。

こちらの中古車無料お探しサービスでは「車選びのプロ」が非公開の車両を含む厳選在庫車の中から、希望に応じた車を無料で探して提案してくれます



日記
シェアする
スポンサーリンク

失敗しない「愛車」の売り方

愛車ブログ父ちゃんの備忘録