180sx冷却対策ラジエーターにもっと風を当てるレインフォース切削加工

スポンサーリンク



ラジエーターをアルミコアのいいやつに変えたのに、水温があがりやすいSR20DET。

水温あがるとノッキング数値(パワーFC)が60を超えてくるのでサーキットでは踏めない時間が増える。峠でも上りだと後半踏めなくなってくる。

なので水温を可能な限り冷やせるようエアロ交換も考えたけど、ショップ社長いわく、

180SXはナンバー裏削るのが一番効きますよ

とのことなのでフロントバンパー裏の金属レインフォースをざっくり切り取ってもらうことにした。

180sxレインフォース切り取り作業の写真

自分ではとうてい出来ない作業なのでただただ眺めておりました。

2016-08-02 12-59-51

まずはナンバー取り外して養生テープ

ここのショップは本当に作業が細かく丁寧でありがたい限りです。

2016-08-02 13-00-11

純正バンパーの樹脂をざっくり切り取るとレインフォース内にある発泡スチロールが登場

2016-08-02 13-00-23

これらをサンダーほか電動切削機器で切り取っていきます。

2016-08-02 13-00-37

発泡スチロールの量に驚きですが、、

2016-08-02 13-00-50

あっさりと切削削除。

2016-08-02 13-01-11

続いて本番、レインフォースの金属フレームを切り取ります。

2016-08-02 13-01-30

コの字型になって左右に繋がるフレームっぽい形状ですが、

このレインフォースを切り取っても車体剛性のダウンは感じないです。

180sxではこのレインフォース穴あけ作業は定番メニューなので剛性のほうは気にすること無いけど、これで事故車扱いで下取り額が下がることは間違いないかも。。w

売らないからウチのエイティちゃんは問題なし。

2016-08-02 13-01-45 2016-08-02 13-02-06

けっこうぶ厚い金属。

本体フレームもこれくらいの分厚さで作ってよ日産w

2016-08-02 13-02-23

穴あけ貫通しました。

これでラジエーターに大量の走行風を導ける。

2016-08-02 13-02-39

CA18の純正バンパーのほうがラジエーターには空気たくさん当てれそうなんだけど、あれだとブレーキへの導風が弱そうだし、、。

サーキット走行にハマるとニッチな作業がどんどん必要になります。

さて、これでタイムアップも見込めるかな。

まずは2周連続走行できるように冷却整えていきたいですね。